120.関東で34万世帯に影響を与えたホルムアルデヒド断水騒ぎ、汚染源特定が手間取っているのはなぜか?

map.jpg

本日も拙ブログにご来訪を賜り、誠にありがとうございます。

 本文の黒文字でない部分をクリックすると、関係のリンク先へ飛ぶことができます。

 拙ブログの内容に興味をお持ち頂けたら、周りに拙ブログの存在を知らせて頂けると幸いです。

 拙ブログは、三流ブログ故、本記事を転送・転載なさる方などいらっしゃらないかと拝察致しますが、万が一、転送・転載をなさる際は、拙ブログのURLを必ず入れて下さい。

(1)疑惑の企業

日付が替わっても、ニュースでは、「汚染源の特定を急いでいる」などと相変わらずの表現である。

私のような無名の一市民ですら、疑惑の企業を嗅ぎ出し、こうして拙ブログに綴っている<前回の記事をお読み下さい>というのに。

今日<5月20日>の午前3時からの日本テレビ系のBSのニュース<日テレNEWS24>では、「汚染源は、烏川の上流ではないか。」と言う昨夜<5月19日>の群馬県の発表を垂れ流ししていた。

まるで、疑惑の企業を庇っているかのようである。

まあ、疑惑の企業名が、「群栄化学工業」ですから、群馬県当局と仲良しなのかもしれませんね<笑>。

群馬県が栄えるように祈ってこうした企業名にしたのだろうか? いや、群馬県に誕生した栄える企業になってほしいと言う願いをこめてこの名にしたのでしょうね、たぶん。

その後、通りすがり様から社名の由来についてコメントを頂いたので、ここに挿入させて頂く。

1946年:群馬栄養薬品株式会社を設立 澱粉糖製造販売でスタート

1953年:現商号「群栄化学工業株式会社」に社名変更

(2)推理

烏川利用の群馬県高崎市の浄水所では、ホルムアルデヒドは検出されていないと言う。

埼玉県行田市では、異常に高いホルムアルデヒドの数値を検出していると言う。

高崎と群馬県佐波郡玉村町の市町境の烏川で、高いホルムアルデヒドの数値を検出していると言う。

したがって、汚染源は高崎市内の烏川上流ではなく、下流にある工場ではないだろうか。

そもそも上流は山間部で、工場立地に適した土地は少ない。

(3)東証1部上場の化学メーカー「群栄化学工業」

前の記事で紹介した「群栄化学工業本社群馬工場」は、烏川の支流井野川に極めて近い位置にある。

冒頭の写真は、「群栄化学工業本社群馬工場」並びにその周辺部の2009年の航空写真である。

工場の北側を流れているのが、井野川である。

井野川のホルムアルデヒドの数値は調べないのだろうか。今日<5月20日>の「報道ステーション SUNDAY」によれば、井野川のホルムアルデヒドの数値を群馬県は調べていないようです。

私は、「群栄化学工業本社群馬工場からホルムアルデヒドが流れている」と決めつけているわけではない。

ただ、前回の記事の(5)で記した「ホルムアルデヒド発生量を低減させる画期的発明」から推理して、疑惑を感じると主張しているだけなのだ。

<2012年5月30日 追記> その後の報道で、今回のホルムアルデヒド検出問題の原因が、埼玉県のDOWAハイテックが、5/10からヘキサメチレンテトラミンを含むおよそ60トンの廃液の処理を、群馬県高崎市の廃棄物処理業者である高崎金属工業に委託したことによるものと判明しました。

群栄化学工業の関係者の皆様には、貴社の名誉を著しく傷つけてしまったことを深くお詫び申し上げます。

(4)2009年06月01日 群栄化学工業本社群馬工場爆発!

20090601-00000020-maiphsoci-view-000.jpg

タンク爆発 直径10mのフタ吹き飛ぶ 高崎の工場

2009年6月1日20時35分配信 毎日新聞

 2009年6月1日午後1時45分ごろ、群馬県高崎市宿大類町の化学メーカー「群栄化学工業」本社工場で、廃液タンク(直径10メートル、高さ14メートル)が爆発し、円形のステンレス製ふた(直径約10メートル)が吹き飛んだ。

 ふたは南側の2階建て管理棟を越えて工場敷地間を通る市道でバウンドした後、タンクから約150メートル離れた同社駐車場の乗用車2台のドアなどを壊して止まった。県警高崎署によると、爆発の衝撃で工場の窓ガラス数枚が割れた。けが人はなかった。

 当日の夕刻のNHKニュースでも、「群馬県高崎市の食品工場で爆発」とのアナウンスで報道された。

(5)2009/12/02(水) 作業員がタンクから吹き出した薬品を浴び全身やけどの重傷 - 滋賀

2009年12月2日午前11時10分ごろ、滋賀県湖南市高松町の群栄化学工業(本社・群馬県高崎市)滋賀工場で、工業用接着剤の材料となるフェノール樹脂を製造中に、金属製の製造タンク(直径約2メートル、高さ約3・6メートル)の上部から薬品混合物が吹き出した。作業中の男性従業員(22)が混合物を浴び全身やけどの重傷となった。

(6)2011年12月 オリンパスと群栄化学工業

オリンパスの損失隠し問題で、同社が損失穴埋めのため国内ベンチャー3社を高額買収した際、東証1部上場の化学メーカー「群栄化学工業」(群馬県高崎市)が3社の株をほぼ同じ高額で買わされ、3億4000万円余の損失を出していたことが分かった。

 株売買を仲介したのは、オリンパスに損失隠しや穴埋めの指南をしたとされる国内大手証券会社の元証券マン。高額買収させた額は取得原価の22~286倍に上り、元証券マンが高値で売り抜けた疑いがある。

(7)2012年5月15日 J―オイルミルズなど立ち入り=糖化製品原料でカルテル 公取委

清涼飲料水などの甘味料として使われる「異性化液糖」をめぐる価格カルテルで、原料となるコーンスターチや、水あめなど他の糖化製品でもカルテルを結んだ疑いが強まったとして、公正取引委員会は15日、独禁法違反(不当な取引制限)容疑で、新たにJ―オイルミルズ(東京都中央区)など3社を加えた計13社の本社など、三十数カ所を立ち入り検査した。

 他に立ち入りを受けたのは日本食品化工(千代田区)、昭和産業(同区)、群栄化学工業(群馬県高崎市)など。業界団体の日本スターチ・糖化工業会も対象となった。

 関係者によると、各社は数年前からトウモロコシの価格高騰を背景に、コーンスターチや水あめ、ブドウ糖の値上げ幅や時期を事前の話し合いで決めた疑いが持たれている。 

(8)考察

上記の(7)迄深夜に記述して、その後、いろいろな雑用を済ませ、早朝5時過ぎに眠りに就いた。

その頃、ようやくすべての家庭に水が供給されるようになった。

4時間ほど眠り、10時からの「報道ステーション SUNDAY」を見た。

断水中にホルムアルデヒドに加え、ヘキサメチレンテトラミンなど別の化学物質が混入した可能性もあると東京大学・古米弘明教授が解説した。消毒に使う塩素によってホルムアルデヒドが生成されてしまうという。

群馬県は、汚染源を特定するため烏川上流など利根川支流の7か所の水を調べましたが、いずれも国の基準を下回っていたとの報道もありました。

私の推理が正しければ、上流の水をCHECKしたって、汚染源の特定なんてできません。

番組では、話題の烏川のみならず、私が拙ブログで紹介している井野川も、地図で烏川と一緒に出てきました。

 井野川についてのコメントは一切ありませんでした。拙ブログのこの記事をお読みになった方々と地元の方々は、この地図をTVでご覧になって、多少意識されたかもしれませんが、それ以外の視聴者の皆様はほとんど意識されなかったでしょう。

その地図は、前述の群馬県が水質検査をした7か所を示した地図でした。いずれも、井野川と烏川の合流部よりは上流の地点を調査したようです。

因みに、群栄化学工業本社群馬工場は、拙ブログで真相究明を続けている関越バス事故の現場に比較的近い。

また、ブログ(新)日本の黒い霧で、国営テロ集団<クロカモ>の本拠地とされた航空自衛隊熊谷基地にも近い。

今日<5月20日>の「報道ステーション SUNDAY」では、東京都水道局の三郷浄水場でも、ホルムアルデヒドが検出されたと報道された。

また、ホルムアルデヒドが検出された浄水場は、東京都水道局の例も含めて、すべて古いTYPEの浄水場であるとの報道もありました。

今日<5月20日>の「報道ステーション SUNDAY」では、Lady Gagaの話題も出てきた。

知名度が高い割には、Billboard Hot 100のNO1はそう多くはない。09/04/11の「POKER FACE」と11/02/26-11/04/02の6週連続NO1の「BORN THIS WAY」の2曲である。

2012年5月26日付け<Week of May 26, 2012>のBillboard Hot 100のNO1は、Gotye Featuring Kimbraの「Somebody That I Used To Know」となります。これで、5週連続全米NO1となります。

本題に戻ります。おそらく、汚染源は特定されないでしょう。

あるいは、本当は特定されているんだけど、マスコミ発表はないでしょう。

そして、明日、あさってと更に大きな出来事が起きて、多くの人々の関心はそちらに移り、関係者はほっと胸をなでおろすだろう。

もしかしたら、今回の断水や先日の竜巻ETCは、その大きな出来事の予行演習かもしれない。

それにしても、今回の断水エリアは、放射性濃度の高い所謂「HOT・スポット」とかなり重なる。

また、先日の竜巻ETCの被災地にも比較的近い。

3821327c.gif
スポンサーサイト

Comment

通りすがり #6SCEPhGY

>群馬県が栄えるように祈ってこうした企業名にしたのだろうか? いや、群馬県に誕生し た栄える企業になってほしいと言う願いをこめてこの名にしたのでしょうね、たぶん。

1946年(昭和21年)・・・群馬栄養薬品株式会社を設立 澱粉糖製造販売でス タート
1953年(昭和28年)・・・現商号「群栄化学工業株式会社」に社名変更

群栄化学工業のサイト、社史より抜粋です。少しでも調べたらわかりそうなものですが。

2012/05/20 (Sun) 14:31 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

通りすがり様、貴重なご指摘、ありがとうございます。

「少しでも調べたらわかりそうなものですが」とのことですが、誠におっしゃる通り、詰めが甘かったですね。

この後、ご指摘の部分を本文に追加します。

2012/05/20 (Sun) 16:57 | URL | 編集 | 返信
だくふほあ #rEYhRaLU

通りすがりの者ですが

先ずは群栄化学にごめんなさいだな。

2012/05/25 (Fri) 23:26 | URL | 編集 | 返信
 #-

 すでに、群栄化学の嫌疑は晴れているので、修正コメントを本文中に入れたほうがよいと思いますよ。

2012/05/26 (Sat) 08:21 | URL | 編集 | 返信
 #-

上記二つのコメントを下さり、ありがとうございます。

貴重なご指摘を受け入れ、本文に文章を挿入します。

2012/05/30 (Wed) 00:32 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Latest posts