FC2ブログ

1207.1985年は現代史の転換点

サニー
↑画像 映画『サニー』 主演・北原里英

(1)「1202.精神疾患は薬では治らない!!!」に対する非公開コメント

 何年か前から騒がれている、ひきこもりやニート問題。厚生労働相の管轄で作成されたひきこもり対策の冊子(各都道府県や市町村により内容に違いはあります。)ある県のその手の冊子の表紙には「誰も悪くない。」と書いてありました。いかにも爬虫類人間らしい言い訳だと思いました。

 私の知人で約20年、息子をひきこもりのままにして放置しているお宅があります。そうなり始めた時に、周囲は母親(父親は死別の為)と彼の兄弟らに「もっとコミュニケーションをとってあげて。」と忠告をしたそうです。彼のひきこもりの元凶は小学校時代のいじめと、父親との死別と親族による過干渉でした。

 しかし家族らは放置しました。「大黒柱無き家でみんな忙しい。」「ひきこもりの子以外は仕事に育児に忙しい。」などと言って。更には母親が「生まれた時に未熟児だったから発達障害か知的障害に違いない。」とまで言いました。

 しかし、彼には知的な障害はまるでない。と、言うのはたとえ気まぐれでも母親が少し彼の話しに耳を傾けてあげただけで彼は数年程働きに出る事が出来ました。しかし再びひきこもりになったのは明らかに家族とのコミュニケーション不足でした。本人が本当の意味で自立、独立をするまではもう少し家族との時間が必要だったと周囲は指摘をしました。

 ひきこもりの何割かは年齢を問わずに幼児化をするそうです。その根底には、幼少期に感じた寂しさや放置をされた悔しさや怒りが存在するそうです。その感情がのちに家庭内暴力になって行くそうです。(自己愛性障害、境界性人格障害、双極性障害=新型鬱病等でも似たような症状を来す事があるようです。)

 先天性の病ならばともかく、自分達の事だけで精一杯だと言ってスルーを続けた。本人もまた自分の事を直視しきれなかった部分から、自分で己育てが出来ていなかった。善悪で判断する必要も無いだろうけどそれぞれに問題はあった事は否めなかったと思います。

 そのような冊子を読んでいて驚いたのが、親と思われる方の事後感想として、「育て方が悪かったと思い、自分を責めていましたが自分は悪くなかったとわかり安心しました。」とありました。どの家庭環境下でそう思えたのかが書いてありません。仮に完全なる育児放棄やDV、支配的な育て方をした親がそんな風に思ってしまったら実に恐ろしいと思いました。ひきこもりの多くを精神病や発達障害、精神障害が原因だと多くの市の保健福祉課の管轄や病院は指摘します。しかし、原因は生まれて初めて築く人間関係(親子、家族関係)が希薄な事や、両親が不在な事で生活が不規則になりがちで自律神経が乱れて精神状態に障る事が殆どだそうです。

 もし、この件を善悪で言うならば産んだ方(夫婦)が健常で有りながら多くの方々がお金を支払ってまでして、他人に育児を頼まなければならないような環境が悪いと思いました。水面下でそんな世の中にしようと仕向けている方々がいる事が諸悪の根源のように感じます。

以下引用させて頂きました。
「運が良くなる人は臨機応変、運が悪くなる人は常識にとらわれる。」と言う言葉があります。

 今、お父さんお母さんの方々。これから子どもを授かろうとしている皆さん。子どもを発達障害と言われてしまった親御さん。子どもが何年もひきこもりやニートをしているお家の皆さん。が、世の中の仕組みに気付き理不尽な部分に声をあげる事が大切な事だと感じています。

(2)「1205.2018年5月11日、東京の気が急上昇! PART1」に対する公開コメント

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1511.html#comment2564

匿名希望の1読者 #6urEx/7U

■セクハラの概念について

こんにちは

 セクハラに関するニュースを見る度によく思うのがセクハラという概念が一人歩きして拡大して、政争や抗争の具として使われている場面が多いと思いました。

 財○省の件についても一番セクハラが酷いセクハラ大王ではなく準セクハラ大王をフェミニストなどが攻撃している時点でセクハラは政争の具として使われていることは明白だと思います。

 勿論、私は財○省の高官の権力を利用したセクハラ行為そのものについては批判しています。

 歴史をみれば日本にセクハラの概念が入ってきたのは1985年の女子差別撤廃条約の批准や男女雇用機会均等法からだと思います。それ以前は被害とその回復などについてもっと冷静に論議されていたと思います。

 Me too 運動 みたいなタイプの運動は男性への敵意むき出しで、ヒートアップすれば魔女狩りの男女逆バージョンや文革、人民裁判 みたいに暴走するリスクが高いと思います。

 結局、フェミニスト(特に新左翼系のフェミニスト)は政府の審議会などで政権と癒着して、捜査機関の権限拡大や人口削減に協力しています。 また、フェミニスト達は男女の分断統治も目的としていると思います。

 ヒステリックに騒ぐだけでは状況は改善せず、むしろ煽動などに乗りやすくなると思います。 なのでme too 運動のようなヒステリックな運動は警戒した方がいいと思います。

 リベラル系はフェミニズムに関して警戒心が薄くかなりフェミニズムに影響されていると思います。

 セクハラという概念が一人歩きしている意味では1985年の女子差別撤廃条約の批准や男女雇用均等法の呪縛は大きかったと思います。

2018/05/12 (Sat) 16:44 | URL | 編集 | 返信

(3)1985年は現代史の転換点

>1985年の女子差別撤廃条約の批准や男女雇用機会均等法からだと思います。

 123便事件があった1985年は戦後史のターニングPOINTですね。その翌年の1986年は円高不況でした。1986年11月をボトムとして景気は上昇します。これがバブル景気です。やがてバブルははじけ、失われた30年が継続しています。

(4)国内

【情報コーナー】国民民主党が「希望の党」の落選者を次々と支部長にする動き?- 立憲民主党への流入阻止の意図か
https://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/08c115bacc0c6402f69f5aa6a2b0e67a

★ならぬ融資 するが銀行
http://my.shadowcity.jp/2018/05/post-13224.html

【ぽぽん特派員】「全国一斉自民党前抗議 /東京」にたくさんの人が集まっている模様
https://blog.goo.ne.jp/sithux7/e/fc58857b6807c065da240b86184a56e4

★ICAN、日本ユニセフ協会、ピースボート、この不思議な環
http://bachacha.hatenablog.com/entry/2018/05/02/210313

★知事はスキルよりウイル
http://mekenekotama.blog38.fc2.com/blog-entry-2523.html

(5)歴史

★「周蔵手記」が暴く日本の極秘事情-3~薩摩ワンワールドとはなにか?~
http://www.kanekashi.com/blog/2018/04/5738.html

★「周蔵手記」が暴く日本の極秘事情-5~明治期の金貸し・奥の院の日本侵食~
http://www.kanekashi.com/blog/2018/05/5752.html

★奴隷制の良いところを書きなさい
http://my.shadowcity.jp/2018/04/post-13143.html

★硫黄島で15歳の30人の少年兵が戦場の露と消えた!!
https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/3818c34f54d6a51d3dc34e7792a4c988

2018/5/10 〈中国通信1492〉休戦協定に署名しているのは、韓国・朝鮮・米・中だ。 Ⅹ平和
http://wind.ap.teacup.com/people/12858.html


↑最低1週間に1回クリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 松井珠理奈 松井玲奈
tumblr_nmq3lgtJSP1twngpao1_540.gif
スポンサーサイト

Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/13 (Sun) 14:40 |  | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/13 (Sun) 20:03 |  | 編集 | 返信
MAK48 #-

1985年

1985年、わたくしもここ数年、日本がダメになり始めたキッカケの年だと思っております。

なんせ123の年ですし、、。

2018/05/13 (Sun) 23:57 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1522.html

記事本文に掲載させて頂きました。ありがとうございます。

2018/05/15 (Tue) 20:18 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 申し訳ございません。訂正をさせていただきます。

記事本文の該当部分を訂正しました

2018/05/15 (Tue) 20:21 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 1985年

MAK48さん、コメント、ありがとうございます。

2018/05/16 (Wed) 04:22 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts