111.日航機墜落事件と関越道バス事故と、何か共通点はあるのでしょうか?

(1)昨日<5月10日>の続き・・・内臓破裂

運転手も内臓破裂の重傷ですよ、皆さん。

 「4月29日の事故で内臓破裂して入院し、1日の午後にスタスタ歩いて逮捕される」はずがないでしょう! 

 映像でも確認↓関越道バス事故 逮捕の運転手「居眠りをした。疲れていた」(12/05/01)<映像でも確認と書いてあるが、拙ブログと同様に、「このブログの場合も、ニュース動画が見られないようになってる。>



 ↑の7秒目あたり、容疑者が車から一人で降りるところにご注目。内臓破裂で入院していた人間が、自力でこのように出てくることは出来ません。

 私は今、たまたま首が鞭打ちになった状態で非常に痛いのですが、それだけで、ベッドから起き上がるのも激痛を我慢してのことだし、歩くのも響くし、あらゆる動きが響いて痛いという状況です。今日は少しマシだけど、首にサポーター巻いて休みながらやってます。

 それと比較したって、内臓破裂なんてしていたら全身痛くて、こんな軽い動きは決して出来ないはずです。車から出てきて連れ去られていく間にも、痛みで口や表情が歪んだりもしていない。これはもうホントに嘘丸見えですね。こちらでも↓

関越道バス事故、運転手を逮捕
www.youtube.com/watch?v=cmM6a3VIiuY


 左手に包帯してるだけで「内臓破裂の重症患者」にしてはヤスヤスと車から降りてくる様子が見られます。

 どこかに河野"容疑者"の明瞭な顔写真が出てくるといいのですが、上の映像から見た口の形、
4-29 004 (Large)

 横から見たところですが、唇が肉厚っぽく、鳥が鳴くときのようにちょっと開いた感じです。また下を向いているが、
4-29 005 (Large)

 二重、三重あごといった感じ。

 こんな嘘がバレる危険性をも顧みず、逮捕を急いだのは、ふくいちライブカメラの白い煙は水蒸気か?を隠すためだったのでしょうか?

(2)二種免許取得

 まだまだ細かい疑問がありますが、そのうちのひとつである「二種免許取得」。

 車内アナウンスも「何を言っているか、よくわからない」と言われた"運転手"の日本語ですが、そんな調子で「難しい」と言われる二種免許が取れるものか?

 「中国人は漢字がわかるから、それでなんとかなった」という意見の人もいますが、
第二種運転免許を調べてみると、2 試験で構成されていることが判る。

 いわゆる運転免許の最高峰に位置する区分であり、プロのドライバーとしての自覚が求められる。また乗客の生命を預かるという観点から特に運転免許試験場においての技能試験(いわゆる一発試験)の合否採点基準は非常に厳しく、合格率はおおよそ10%程度である。さらに初受験で合格する確率は極めて低いとされる。

●学科試験

 マークシート95問(文章問題90問、イラスト問題5問)。合格は90点以上。一種に比べ応用問題が多く、難易度も高い。二種運転免許に関わる運転区分に関する問題も多く出題される。

 合格率はおおよそ10%程度 ですよ、皆さん。これで、日本語が「日常会話程度」の人間が受かるか?です。#替え玉受験があったと考えるのが普通でしょう。

関越道~1

(3)数多くの謎

 そして予定と違う、35kmも余計に走らなければならないルートを通った理由も最初は「走りやすいから」

route - reason 1
だったのに、前から出ていた「カーナビを見ていた」という証言を裏付けるかのように、

deleted article search on google
BigLobe - Sankei 06MAY12 below
BigLobe - Sankei 06MAY12 below

 「道が分からない」という話が出てきた。しかもこの件では、検索するとまだ出てくる、時事通信だが、

Jiji article deleted 1

記事のタイトルまで変えて、「道が分からない」話を削除してしまった!

Jiji altered article

 #拡大してよく見れば、URLが同じことがわかる

 上に表示したBigLobeなど他のページではまだ出てくるが、この削除も変です。

 他にも、観光バス運転手の気になるニュースさんが提示した「プロが感じた関越道7人死亡事故の6つの疑問点」などもじっくりご覧戴きたいですが、最後、私が気になる点をもうひとつ。

 この記事でみつけたのですが、河野化山"容疑者"には二人兄弟がいて、二人とも彼同様にバスの運転手をしているという。

Kazan has 2 brothers

 それから「道が分からない」から往路に一緒に行かせた運転手は「高速のインターまでの道案内をさせた」ことになっているが、そのあと彼はどうしたのか?という疑問。

 そこで推測されるのは、乗客に「逮捕された人間と、運転手が違う」と気づかれないために、顔の似た兄弟が使われたのではないか? この場合、逮捕されたのが本物の「河野化山」と見る方が自然ではないかと思うけれども。

 実際に運転していたのが、上の推理のように彼の兄弟ではなかったとしても、「眠そうにしていた」「カーナビを見ていた」「サービスエリアで人に道を聞いていた」という話は演技なのか、実情だったのか?という疑問も残っています。

 ついでで書くと、何気なく事故現場である「群馬県藤岡市」と「自衛隊」と入れて検索したら、出てきたのが「群馬地方協力本部藤岡募集案内所」

群馬藤~1_SDF.jpg

要するに、リクルート・センターといったものでしょうが、もうひとつ目に付いたのが

群馬藤~1
群馬藤~1

「ベストアンサー」とやらの回答はみごとに工作員の弁らしきですが

群馬藤~2

 「群馬県藤岡市付近に自衛隊と機動隊進出」という部分が気になります。この御巣鷹山の日航機墜落事件と関越道バス事故と、何か共通点はあるのでしょうか?

 まぁ、少なくとも言えるのは、私ごときの素人探偵相手ですらバレバレのインチキ逮捕劇をやった群馬県警が、あのJAL123便事件で真相の隠蔽に協力していた人たちらしいってことですね。

 阿修羅の読者から頂戴したもうひとつの重要な情報は、「新白色テロ」なる捉え方が存在しているということ。

WHITE_~1

3/11もそれに当たる(社会、民族、文化そのものの破壊)と思いますが、天誕に起こされたこのバス事故も、失われた古代イスラエルの部族の末裔である日本人に対する攻撃であるという見方もあり得るだろうと思っています。

続報の"ボロ"を待ちましょう。
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts