FC2ブログ

1167.前橋地下原発の寿命が近づいているのか?<大分県中津市の中津地下原発爆発情報>

矢島舞美 2017 桜
↑画像 2018年桜シリーズ52 矢島舞美 レプの舌出し 矢島舞美のシェイプシフト画像はこちら

(1)(新) 日本の黒い霧 中津崩落事故-地下原発爆発情報

https://blog.goo.ne.jp/adoi/e/51d72b086d3e75168a63f3d3a72b76f8

 地下原発の事故情報です。こういうのは、伝聞情報が主体であるし、元々このブログの主旨ではないのであまり載せたくないのですが、万が一のこともあるので、ご批判を覚悟で敢えて掲載します。

 そんな事があるはずない、あれば報道で流れるはずだと思われる幸せな方は完全スルーでお願いします。これはあくまでも一つの情報であり、真偽・正誤の判断は読者様の責任にてお願いします。

ed6b4db26059cd2ad2b283f6a2aef7d3.jpg
図1:水質汚染の予想拡散範囲(赤:25㎞、黄色:40㎞) クリックで拡大

 11日に発生した大分県中津市耶馬渓町の土砂崩落事故は、地下原子力発電所の爆発事故により誘引された可能性が極めて高いと考えられます。

41d460008d2572a60fc4bd3878527926.jpg
写真1:崩落現場 (引用元:朝日新聞デジタル)

 まず、同地区で確認された原子炉数は6基。原発設置個所は2箇所あり、その内、爆発事故で完全損壊したのは1箇所。原子炉数は2基と報告が入ってます。周辺地区には、まだ補足しきれていない原子炉が数基あるようです(図2)。おそらく冷却水の水源は、近くに作られた耶馬渓ダム湖(北東4㎞)でしょう。

4f1714bb351e7983451751cfeeb2a4cd.jpg
図2:周辺地下施設の予想範囲図(赤:今回確認、黄:未確認)

 星印は出入り口の存在確度が高い地点。崩落現場の近くにもある。原子力マークは正確な位置を表していません。地上設備などから遺伝子操作など生体実験を主に行う施設である可能性が高い。以上は特務機関向けの情報です。一般の方はくれぐれも興味本位で近づかないように

 今のところ、放射能の地表への影響は軽微ですが、原子炉が完全に損壊しているため、1次冷却水などの高濃度汚染水が地下水脈に浸入している可能性が捨てきれません。

 現地の地下水脈情報がありませんので正確な予測はできないのですが、地形や河川の流れなどを考慮すると、主に大分県中津市の平野部、隣接する最上町・宇佐市方面に向かっていると考えるのが妥当だと思われます(図1)。また、伏流水として地表や海洋に到達するにはしばらく時間がかかると思われるので、直ちに影響は測定されないかもしれません。

 同地域は、今後の環境数値の変動に厳重注意する必要があると思われます。

なぜこんなに山崩れが連鎖している? : 4月のたった数日の間に前例のない巨大な山崩れが報じられる日本、アメリカ、中国、モルドバ、北オセチア、カナダ……。投稿日:2018年4月11日

(以下抜粋です)

 異様とも言える山崩れの頻発

 まずは、その「世界で起きている山崩れ」を、それぞれ現地の報道などからご紹介したいと思います。そのすべてが、この 10日間以内のものです。

 山崩れの原因については、それぞれ違うでしょうけれど、全体として、現状では「はっきりとした原因がわかっていない」という事象が多いようです。

 大分県での山崩れも、その原因はわかっていないようで、現時点での報道の見出しも下のようなバラバラな見解が並びます。

2018年4月初旬に世界で起きた大規模な山崩れ

4月8日 米国ペンシルベニア州アレゲニー
4月10日 モルドバ共和国北部
4月10日 中国 四川省汶川(ぶんせん)での大規模な山崩れ
4月3日 ロシア連邦の北オセチア共和国での地崩れ
4月9日 カナダ・ケベック州ラノディエール地域での地滑り
4月2日 イタリアのスイスとの国境のオッソラ県での地滑り

2018年4月2日 - 4月11日までに大規模な地滑りの起きた場所

1948b17415582aca485362ce81f1b9ec.jpg

 感覚的には、やはり地球で何か進行している感じは強いです。

引用元:In Deep https://indeep.jp/mega-landslide-all-over-the-world-why/

 単純に断定はできませんが、4月に入って世界中で立て続けに起きている崩落事象は、おそらくどれも地下原発、または、地下の高エネルギー施設の事故等に由来すると考えられます。

 何故このような事象が続くのか?何度か書いていますが、何か地球の物理環境が大きく変わり、これまでのように原子炉を安定稼動させられなくなってきたのが原因だと推測されます。だからこそ、これまで一般市民に全く気付かれることのなかった地下原発が、事故という形で表面化してきたのでしょう。

 同様に、軍機が次々と不時着したり、墜落するのも、軍機に搭載されている特殊な制御装置が、地球の大きな環境変化に対応できないのが主な原因と考えられます。

 私は予言者ではありませんが、今後世界で次のような事象が起こり続けると予測します

 ・地下施設由来の大規模な崩落とシンクホール

 ・軍用機の相次ぐ不時着と墜落


 日本の地下に1万基あるなら、世界の地下には合わせて10万基以上あってもおかしくない地下原子炉。ちなみに東京23区の地下だけでも、300基は下らないでしょう。これらがみな暴走を始めたら地球はどうなってしまうのでしょうか?

 原子力も軍隊もいらない。私には大地がそう語ってるようにしか思えません。今、私たち人類は、文明の明暗を分ける大いなる選択を迫られているのだと思います。

※この記事は追って加筆修正されることがあります。

キリストの御国にて記す 管理人 日月土 <転載終了>

★地球最期のニュースと資料 In Deep 北極、南極、シベリア…世界中の氷床や永久凍土に次々と開く「穴」と「亀裂」。現時点ですべてにおいて原因がわかっていないこれらの原動力は何なのか?
https://indeep.jp/what-means-mysterious-cracks-and-craters-in-ice-area/

(2)(真)日本の黒い霧 中津山崩れのその後

http://adoi.hatenablog.com/entry/2018/04/22/221527

 この記事はブログ(新)日本の黒い霧の記事「中津崩落事故-地下原発爆発情報」の補足情報です。

 大分県中津の山崩れで死者が5人になったと報道がありました。まずは、被災者のご冥福をお祈りいたします。以下、各社報道です。下線はこちらで加えました。

★5人目の遺体発見、身元も確認 大分・耶馬渓の土砂崩れ 2018年4月20日23時23分

 大分県中津市耶馬渓町の土砂崩落現場で20日、新たに1人の遺体が見つかり、岩下アヤノさん(90)と確認された。死因は圧死だった。

 11日未明に発生した土砂崩落に巻き込まれたとみられる6人のうち、今も安否がわかっていないのは、江渕めぐみさん(52)だけとなった。岩下さんの遺体は20日午前10時45分ごろ、土砂に埋もれた状態で見つかった。巨大な岩やコンクリートの塊などに覆われていたため、崩れないよう支えながら手作業で掘り進め、午後4時ごろ収容。現場で死亡が確認された。

引用元:朝日新聞デジタルhttps://www.asahi.com/articles/ASL4N5H13L4NTPJB019.html

★大分・山崩れ、死者5人に 国内社会ニュース(共同通信)2018年4月20日 / 14:50

20180422213548.jpg

 大分県によると、同県中津市耶馬渓町金吉の山崩れ現場で20日、新たに女性1人の遺体が見つかり、土砂に巻き込まれた民家に住む岩下アヤノさん(90)と確認された。死因は圧死で、死者は5人となった。県などは、残る不明者1人の発見を急いでいる。

 県によると、岩下さんは自宅付近で、うつぶせで土砂に埋まった状態だった。これまでに岩下さんのほか、岩下義則さん(45)と母の愛子さん(76)、橋本アヤ子さん(86)と孫の江渕優さん(21)の計5人の死亡が確認された。橋本さんの娘江渕めぐみさん(52)の安否が不明となっている。

 現場では重機約10台が土砂の撤去を慎重に進めた。 【共同通信

引用元:ロイター https://jp.reuters.com/article/idJP2018042001001739

 読者さんには、この報道写真をよく見て頂きたいと思います。

20180422214002.jpg

 岩から飛び出したH鋼が曲がっている?岩じゃなくてコンクリートでしょう。厚さも均一で、右の断面は滑らかですよね。手前に草が見えているので、場所は、崩れた土砂の到達先端部であると思われます。

20180422214316.jpg

 写真はGoogleのストリートビューから採った崩落前の写真です。コンクリート人工物としては落石防止壁の基礎部分が考えられますが。

20180422214642.jpg

 上図のように、上の方から覆いかぶさるように崩れているので、低い位置にある落石防止壁の基礎が先端部まで押し流されたとは考え難いです。また、大きな一枚板のようなコンクリート塊なので、基礎部分の形状やサイズ感と合っていないように感じます。

 これらを考え合わせると、崩落箇所の最上部に作られた何かコンクリート製の大型建造物が崩れて来た可能性も否定できません。できれば、現地の方のレポートなどが欲しい所です。

 崩落現場の裏山一帯に地下原発を含む大型地下施設があるというのが、私の入手している情報ですが、それがこのコンクリート塊と関係があるかどうかは、今のところ不明です。

 また、放射能汚染に関しては極めて軽微とはいえ、関東地方でもその影響と思われる観測が報告されています。福島の時に比べれば無いに等しいレベルなので、あまり心配なさらないでください。心配するべきは、各地に作られた地下原発が一気に暴走することです。住〇系列、〇菱系列、〇井系列などの経団連から最新情報を得られる大企業は、地下原発が直下にあるようなオフィスビルからは移転を始めています。

20180423124354.jpg

20180423105749.jpg

 上の写真について、某県の県庁所在地にある手前のビルは、住〇生命の自社ビルにも拘わらずテナントはゼロ(本年4月中旬現在。写真は少し古く1階にテナントが写っている)、最近まで住〇系列の有名重電企業も入っていました。

 奥のビルは、ビル管理会社以外のテナントはゼロ。社名板が真っ白です(下写真)。最近まで〇治生命が入っていました。住〇自社ビルの続き(手前右側)に日本銀行の支店がありますが、さすがに逃出せないようです。

 この直下に地下原発の存在が疑われているのですが、分ってる人たちは先に逃げてるのですかね?そうだとしたら、住民は捨て置き?それじゃぁ、あんまりですよ。経団連でも、電気事業連合会でも何でもいいから、落とし前はキッチリ付けて下さいね。

一の年に記す 管理人 日月土 日月土 (id:adoi) 1日前

(3)日本銀行前橋支店の位置

https://www.google.co.jp/maps/place/36%C2%B023'28.8%22N+139%C2%B003'58.9%22E/@36.391333,139.066361,20z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m2!3d36.391333!4d139.066361?hl=ja

(4)住友生命前橋ビル

7555f932.jpg
↑画像 群馬県前橋市大手町2丁目6-17 住友生命前橋ビル 2011年03月
http://www.spotlog.info/archives/50505933.html

★住友生命前橋ビルの募集フロア
https://www.office-navi.jp/result/b15000010.html

(5)関連記事

★商工中金が前橋中心部に自社ビル 市有地賃借、支店を移転
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFB25HFG_W6A720C1L60000/

 前橋地下原発から逃亡する為に、自社ビルを建設したのか?

(6)前橋地下原発の寿命が近づいているのか?

 相次ぐ企業の逃亡! 前橋地下原発の寿命が近づいているのか?


↑最低1週間に1回クリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 HKT48 宮脇咲良 
tumblr_o7fffjoGGF1vrjfdco2_400.gif
スポンサーサイト



Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/24 (Tue) 09:27 |  | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/24 (Tue) 18:42 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

山の内側をコンクリートで固め、地下一帯に原発を構築しているのでしょうか?
いつの間に作ったのか気になりますが、きっと随分古くから地下の施設は有ったのですよね。
似たような場所は全国各地にありそうです。
浜松市でも山の方に船明、秋葉ダム、佐久間ダムがありますがあのようなダムの下にも原発はあるような気がします。
全国区にこんな施設があると思うとゾッとします。

今から五年前に静岡県浜松市の春野町の山でも地崩れがありました。
https://matome.naver.jp/m/odai/2136670045907903001
https://m.youtube.com/watch?v=UQgxjGAYrzw

************************************************

●●さん、コメント、ありがとうございます。

>山の内側をコンクリートで固め、地下一帯に原発を構築しているのでしょうか?

たぶんそうだと思います

>いつの間に作ったのか気になりますが、きっと随分古くから地下の施設は有ったのですよね。

現代人より優れた文明を築いたともいわれている古代人が築いたのかもしれない地下空間や自然の地下空間を利用している例が多い様です。

>似たような場所は全国各地にありそうです。

そうです。「宇宙への旅立ち」でも各地の事例を取り上げていましたね。

>浜松市でも山の方に船明、秋葉ダム、佐久間ダムがありますがあのようなダムの下にも原発はあるような気がします。

さすが全国で2番目に広い面積を誇る浜松市ですね。ダムが複数あるのですね。

2018/04/25 (Wed) 08:35 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

はじめまして
キーワードのみ
前橋県庁 1999年6月1日 平成11年
地上33階 地下3階
前橋城跡地
元日 ニューイヤー駅伝スタート 地点

**************************

●●●さん、はじめまして。

>前橋県庁

群馬県庁舎は、県庁舎としての高さ日本一ですね<都道府県本庁舎としては東京都庁舎に次ぐ高さ>。

>地上33階 地下3階

333、意味ありげな数値ですね。「1166.2018年5月連休明けテロ! PART2」で取り上げた青龍山の高さが、333メートルでしたね。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1469.html

コメント、ありがとうございます。

2018/04/25 (Wed) 08:50 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts