FC2ブログ

1133.坂本堤弁護士一家殺害事件の真実 その2

67d5a215.jpg
↑画像 〒224-0007 神奈川県横浜市都筑区荏田南5丁目13 荏田南もも公園 欅坂46 平手友梨奈 小林由依 UTB 2016年5月号 vol.241 写真撮影場所
http://blog.livedoor.jp/fumichen2/archives/50208276.html

(1)横浜市

 「1117.坂本堤弁護士一家殺害事件の真実」の続きです。1117はこちら。18区の行政区を持つ神奈川県横浜市の総人口は日本の市町村では最も多く、四国地方に匹敵するおおよそ373万人であり1府37県の人口を上回る。横浜市は神奈川県内の市町村では面積が最も広い。横浜市の市域の過半は旧武蔵国で、南西部は旧相模国(戸塚区、泉区、栄区の全域と瀬谷区、港南区の一部)。

(2)横浜市鶴見区扇島

 苦学生だった私は大学時代もいろいろなアルバイトに明け暮れた。1番多くの時間を割いたのが測量助手でした。首都圏各地あちこちの現場に行きました。数多くの現場の一つが、横浜市鶴見区扇島でした。厳冬期の早朝の海底トンネルの測量は実につらかったです。その鶴見区扇島が横浜市の最東端になります。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92230-0055+%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E5%B8%82%E9%B6%B4%E8%A6%8B%E5%8C%BA%E6%89%87%E5%B3%B6/@35.4902862,139.7042539,14z/data=!4m5!3m4!1s0x601867a28ad4a9d3:0x75a0b04471de25f0!8m2!3d35.4765099!4d139.7048025?hl=ja
↑地図 横浜市鶴見区扇島

(3)横浜市都筑区

 冒頭の写真の撮影現場である横浜市都筑区は、坂本堤弁護士が逝去された後の1994年11月6日、港北区、緑区の各一部地域により、青葉区とともに都筑区が発足したのがルーツです。つまり都筑区は、坂本堤弁護士が逝去された際にはなかった区名です。都筑区は南部の鶴見川沿いを除いて全域が丘陵地帯です。都筑区(つづきく)は、港北NT(港北ニュータウン)センターを中心とする旧港北区の北西部(山田、中川、茅ヶ崎地区等)と旧緑区の北東部(川和、池辺、東方、荏田南、荏田東地区等)から構成されています。

https://www.google.co.jp/maps/place/%E8%8D%8F%E7%94%B0%E5%8D%97%E3%82%82%E3%82%82%E5%85%AC%E5%9C%92/@35.5472898,139.5576173,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6018f7c817d0cdc1:0xde0fd01a3df8a1b4!8m2!3d35.5472855!4d139.559806?hl=ja
↑地図 冒頭の写真の撮影現場である横浜市都筑区の荏田南もも公園

(4)横浜市の地形

 都筑区に限らず横浜市の大半が丘陵地帯です。横浜のように起伏に富んだ複雑な地形の場所にこれだけ多くの人々が集まり、しかも途切れなく市街地が形成された大都市は珍しい。

 濃尾平野の要に位置し最近地下原発<某公園の地下>が放射能漏れ事故を起こした名古屋市のように、戦後復興期に100m道路を基軸として市街地を縦横無尽に建設する事は、横浜の場合、起伏に富んだ地形が障壁となり、現実の事業として展開することは極めて困難な作業だったといわれている。

(5)秘密の地下道路

 ただ起伏に富んだ地形は、平坦な地形に比べると、地下住人の居住空間や地下原発や地下秘密施設や秘密の地下道路への地上からの入口を、地上の人々に気づかれずに建設しやすいと言える。もしかしたら坂本堤弁護士一家が殺害された後、死体を北関東に運ぶ際、こうした秘密の地下道路が利用されたのかもしれません。

 なぜなら日本の警察は47都道府県でそれぞれの組織を構成しているので、表のルートで神奈川県警が死体を北関東へ運ぶ場合、東京の警視庁や埼玉県警が死体を運ぶ神奈川県の公安警察の車を見つけた場合、面倒な事になるからです。「坂本堤弁護士一家殺害事件の真実 その3」に続きます。

↓動画 松井玲奈
tumblr_nn2xtxPPwk1tr3rjko1_250.gif
スポンサーサイト

Comment

明日香 #-

審神者

>死体を北関東に運ぶ際、こうした秘密の地下道路が利用されたのかもしれません。

坂本堤です。
ご明察!まさにおっしゃる通りです。
ここは一体どこのトンネルだ?と思いつつ、車の後ろで魂が引っ張られていたのですから、三人ともに。

普段から魂は、その人の真上にある?居る?のです。どうやら霊柩車などでもそうなのですが、車内に収まり切らないで、後ろをついて行くような感じになるようですね。
つまり、外の風景を眺めつつ、後ろをついて行くのです。
以上です。

2018/04/08 (Sun) 05:12 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 審神者

坂本堤さん、コメント、ありがとうございます。

私の勘は当たった様ですね

2018/04/08 (Sun) 06:41 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts