FC2ブログ

976.日本は世界最悪の人口減少国家ではないか?

長濱ねる 雪 2018 冬 長崎 6
↑画像 2017→2018冬の風景22 雪の長崎県長崎市 欅坂46 長濱ねる 

(1)自民党政治と安倍政権の実績

 2018年2月12日の3本目です。1本目はこちら。2本目はこちら

DVmDweQV4AAmvQw.jpg
https://twitter.com/8icsRtq8Pz2NoMi/status/961944874260996096

(2)いかれた安倍晋三の金銭感覚

ガリガリ君まで「事務所費」に計上
https://twitter.com/NTUY_uncle_bot/status/962529341383983104

(3)安倍友は優遇 正しい奴は左遷 悪人は昇進

安倍は杉原千畝を褒めるが
↑画像 安倍友は優遇 正しい奴は左遷 悪人は昇進https://twitter.com/TakemuraAkihiro/status/962529466621730817

(4)日本の人口減少策

Hisanori "Mario" Ueda‏ @HisanoriUeda 日本ではコンビニにエロ本置く置かないでモメてますが、ドイツの駅の本屋ではペントハウスが平積みです
https://twitter.com/HisanoriUeda/status/960908204598284289

(5)日本の人口半減

★イギリスのテレビ局も驚愕した日本の「国難レベルの人口減少」「この島国で本当にそんなことが…」(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/17/hasan125/msg/832.html

amaちゃんだ‏ @tokaiama 「いまの日本は少子高齢化が進み、人口が大きく減り始めています。日本の総人口は約1億2700万人ですが、このままだと50年で3分の2の数になり、100年で半減していく。100年あまりで人口が半減しようとしている人口大国は、世界の歴史のなかでもひとつもない 河合雅司
https://twitter.com/tokaiama/status/962431064462393344

布施祐仁‏ @yujinfuse これを見れば、日本は今、改憲に膨大なエネルギーとリソースを割いている場合ではない。真の「国難」である少子化対策に振り向けるべき。このままでは自衛隊だって若い隊員が必要な数確保できず今の規模を維持できなくなる(と自衛隊自身が言っています)。
https://twitter.com/i/web/status/962482621459529728

★報道されぬ2020年危機。日本経済があと3年で「どん底」に落ちる3つの理由=藤井聡
http://www.mag2.com/p/money/342792

(6)日本は世界最悪の人口減少国家

★日本の人口減少は主要国一!~止まらない人口減少は、経済停滞の暗い未来をもたらす!!
http://www.huffingtonpost.jp/nissei-kisokenkyujyo/population-decline_b_8193050.html

★もうすぐ、日本人が「絶滅危惧種」になる日がやってくる
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51994?page=2

★人口爆発が続く世界と、人口減少が続く日本
https://dad-k1.wixsite.com/nochildren-nofuture/single-post/2017/06/15/%25E4%25BA%25BA%25E5%258F%25A3%25E7%2588%2586%25E7%2599%25BA%25E3%2581%258C%25E7%25B6%259A%25E3%2581%258F%25E4%25B8%2596%25E7%2595%258C%25E3%2581%25A8%25E3%2580%2581%25E4%25BA%25BA%25E5%258F%25A3%25E6%25B8%259B%25E5%25B0%2591%25E3%2581%258C%25E7%25B6%259A%25E3%2581%258F%25E6%2597%25A5%25E6%259C%25AC

(7)あべしんぞう

DVw-5noVwAETVN6.jpg
https://twitter.com/8icsRtq8Pz2NoMi/status/962713584579915776

↓動画 松井珠理奈 松井玲奈
tumblr_nkw2wdYHUG1rtm8lho1_400.gif
スポンサーサイト

Comment

猫山 #-

あらゆる手段で減らされているのかも?しれません。

こんな記事を見ました。
実は、大正時代には50代の妊娠出産が多かったようです。

》平成24年と大正14年を比較すると50歳代の出産は実に114倍もの違いがあったのです。

大正時代といえば、戦前に子供がポンポン生まれた時期よりもずっと前で

人口も現代よりもずっと少なかったはずです。

無論、体外受精や卵子提供といった高度生殖医療が存在すらしていなかった。

にもかかわらず

毎年2000人以上の方が50歳代で出産されていたのです!


》戦後、昭和47年には一桁にまで減少し、現代では超高齢出産として

非常に可能性の薄い例外だと認知されてしまっているのです。

高度生殖医療に関する補助金も原則42歳までという指針が出され

それ以上の年齢で妊娠を望んでいる方にとっては肩身の狭い風潮に感じてしまうのです。

一方で、大正時代は高齢出産が社会的にそれほど注目もされてはいなかったのです。

ちなみに、

大正14年当時の40歳以上の出生数は、

平成24年時の20歳代前半の出生数95,805人を大きく上回る132,433人

もいたのですよ。





今は、食べ物・就寝時間・運動量などが大正時代に比べて栄養面や時間、量が減ったり変動している為に早くから妊娠率が下がるようです。

また、昨今はニュースなどで卵子や精子の劣化に高齢化が唱えられ、不妊治療の年齢制限などが設けられています。
女性に家庭に入るように促すことが、あたかも性差別のように唱えられています。
そう言われるようになってからは、専業主婦が叩かれるようになりました。

私は、それは一種の呪詛ではないか?と思います。
本来、女性には月一回の生理があります。
軽い方もいれば重い方もいます。
どちらにせよ、本来は男性のような働き方が出来る体質では無いと思います。
なのに、男性のように働いて家事や育児、介護などまで出来るように求められているような気にさせられます。

こうしたことも人口削減につながっている気がします。

2018/11/25 (Sun) 11:51 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts