962.眞子さんと小室圭さんの婚約破棄を望んでいるのは誰か? PART1

長濱ねる 雪 2018 冬 長崎駅前 5
↑画像 2017→2018冬の風景13 2018年公共交通機関利用促進キャンペーン・鉄道6 長崎県長崎市尾上町 雪の長崎本線長崎駅 欅坂46 長濱ねる 

(1)眞子さまと小室圭が事実上の婚約破棄? 借金が問題? 宮内庁が呼び出し? <一部修正の上、転載>

https://trendy15.info/?p=10458

 眞子さまと小室圭さんの婚約関連行事が、なんと2年も延期されることになりました。このニュースを受けて『やっぱり・・・』と思う方や、これは事実上の婚約破棄なのではと思う方が多いようです。

★眞子さまと小室圭が事実上の婚約破棄?

眞子さまと小室圭さんの婚約関連行事、再来年に延期へ https://t.co/oOcaRXXPY5 @YahooNewsTopics 一般家庭なら破談ですが、そうとはいえないための延期ですね。しかし宮内庁、いくら降嫁されるからといって、ノーチェックだったんでしょうか。 — 会館の美女★フリーランスのあづみです (@main_streamz) 2018年2月6日

 眞子さまと国際基督教大学(ICU)時代の同級生で、法律事務所に勤務している小室圭さん。お二人は、2017年9月3日に、婚約内定会見を開いていました。2018年3月4日に、一般の結納に当たる『納采の儀』が行われ、2018年11月4日に『結婚の儀』が行われることが発表されていました。

 しかし、それらの行事がなぜか2年後の2020年に見送られることになったというのです。これに関して、ネット上ではこれはもう事実上の婚約破棄、破談ではないかという声が多く上がっていました。

"眞子さまと小室圭さんの婚約関連行事 2020年に延期と報道 眞子さまが気の毒でならない。良いお嬢様なのに。 ldnews https://t.co/FrFB2N2DyJ — 月映(つくはえ) (@tukuhae)2018年2月6日"

眞子様延期なさるのね。それが良いわよ、あまりに調査不足だったもの。— ヅカ@楓 (@kanto_C2) 2018年2月6日

 小室圭さんのことを、あまりにも調査不足だったという声が多くありました。

"眞子さまの結婚延期、NHKの速報で流れていた。それにしても2年も延期とは。色々下世話な事を思ってしまうし、国民の多くがそう思っている。TNPのネタにされるな、間違いない。— ゆずはち (@yupipi3355) 2018年2月6日"

"再来年って(笑)我々庶民の普通の感覚なら結婚は再来年ね!とかゆわれても再来年にまで交際が続いてるかどうかもわからんのに一番大事な20代の時期このままでいいのかなーって思っちゃう。まさにわたしは今思ってる。眞子さまと同い年— wac (@Wacahiguchi) 2018年2月6日"

"眞子さまの結婚延期って、破談じゃないのかね?なんということでしょう。— ぺそまる (@pesomaru18) 2018年2月6日"

"眞子さまと小室圭さん 婚約関連の行事、再来年に延期かーー 一概には言えないけど事実上の婚約破棄だろうね— やさシステム (@boooochibooooch) 2018年2月6日"

 2年も延期となると、婚約破棄、破談ではないかと思ってしまいますね。

★小室圭さんの母に借金? 

 小室圭さんのお家は、色々と複雑なことがあって。。小室圭さんの父・敏勝さんは、2002年に自殺しています。その後、小室圭さんの母・佳代さんは、アクセサリーなどに装飾を施す男性Aさんと2007年頃まで交際。Aさんの生活が苦しくなると、自宅マンションにて住まわせていた時期もあったと報道されています。

 そして、その後、母・佳代さんはAさんと別れ、外資系商社マンのBさんと交際。そこで、400万円以上の援助を受けたようです。母・佳代さんはBさんとは婚約もしており、佳代さんは『圭の父親代わりになってください』とまで言っていたといいます。

 しかしその後、婚約は破棄。Bさんが400万円の返金を求めたところ、『贈与を受けたものだ』と佳代さんは主張し、小室圭さんも同様の考えだったとのこと。

 Bさんは、その400万円以上のお金が、小室さんのICUへの入学金や授業料、留学費用やアナウンススクールの授業料にあてられたと主張しているということで、これらの報道が今回の延期に大きく影響を及ぼしたとみられています。


★小室圭さんを秋篠宮さまが拒絶?

 秋篠宮さまは、小室圭さんの母親に多額の借金(400万円)があるという記事に、非常に困惑されていたといいます。小室圭さんは、それについて弁明したようですが、秋篠宮さまは納得しなかったようですね。

 小室圭さんの家柄や、就職の問題など色々と大丈夫なのかという話はありましたが、こういった借金の問題が解決していない以上、婚約関連行事を延期するしかなかったのではないでしょうか。

★眞子さまのコメント『未熟ゆえ』とは? 

 婚約行事延期となったことで、眞子さまはコメントを出しているようです。

"私たちは、今まで結婚に関わる様々な行事や結婚後の生活にむけて、二人で話し合い、それぞれの親や関係する方々と相談しながら準備を進めてまいりました。しかし、その過程で、現在予定している秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました。 出典:www.news-postseven.com"

"しかし、色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います。ここで一度、この速度が自分たちに本当に合っているのかを慎重に考えるべきでしたが、婚約の内定発表に関しても、それ以降の事柄に関しても、私たちはそのまま前に進むという選択をしてまいりました。今、私たちは、結婚という人生の節目をより良い形で迎えたいと考えております。そして、そのために二人で結婚についてより深く具体的に考えるとともに、結婚までの、そして結婚後の準備に充分な時間をかけて、できるところまで深めて行きたいと思っております。本来であれば婚約内定の発表をするまでに、その次元に到達していることが望ましかったとは思いますが、それが叶わなかったのは、私たちの未熟さゆえであると反省するばかりです。 出典:www.news-postseven.com"

 とのことで、お二人の未熟さゆえと、反省しているとのことですが。。2018年1月下旬に、小室圭さんは急に何日かまとめて仕事を休んだとのこと。同僚がわざわざ自宅まで仕事関係の書類を届けに行くほどだったようですが、なぜ小室圭さんがまとめて仕事を休んだのかという理由は分かっていないようです。

 小室圭さんは宮内庁から呼び出されたという話もありますし、ちょうどその頃『週刊文春』と『週刊新潮』が先ほどの小室圭さんの母・佳代さんの借金問題を報じていました。

 もう、色々と小室圭さんには噂がありすぎて眞子さまがちょっとかわいそうにも思えてしまいます。眞子さまには心から幸せになっていただきたいです。

(2)「家柄」という言葉を使う方

>小室圭さんの家柄

 「家柄」という言葉を使う方に反吐が出る。だったらそんな方のサイトを転載するなと言われそうですが、よくまとまっていたので、転載させて頂きました。サイト主さん、ありがとうございます。

>眞子さまには心から幸せになっていただきたいです

 本当にそう思っているのなら、右翼週刊誌二誌の記事が仮に事実だとしても、本人達がら心から結婚を望んでいるのなら、それを祝福するのが良いのではないでしょうか。

(3)「家柄」という言葉

 「家柄」、こんな言葉が死語とならない限り、日本が真の民主主義国になる事はないだろう。

(4)眞子さま婚約者の小室圭さん、秋篠宮さまに拒絶された“弁明”と宮内庁からの呼び出し 2018/2/6 週刊女性2018年2月20日号

http://www.jprime.jp/articles/-/11622

img_3e5f31a5de944dae2899248f5c2b75b1255515.jpg
↑画像 2018年2月2日の早朝、雪が降る中で都内の法律事務所に出勤する圭さんを直撃するも無言

 「眞子さまは、7月にブラジルを訪問される方向で検討が進んでいて、日本人移住110周年の記念式典に出席することが予定されています。訪問が実現すれば、11月に結婚される眞子さまにとって“皇族として最後の海外訪問”になる見通しです」(皇室担当記者)

 眞子さまのご両親である秋篠宮ご夫妻も、6月上旬にハワイを訪れ、日本人の移住150周年式典などに臨席される。しかし、あの「問題」に頭を悩ませていらっしゃるようで……。「眞子さまの婚約者・小室圭さんの母親が、元婚約者に多額の借金があるという記事に非常に困惑されています。借りた理由も、圭さんの学費やアメリカ留学に使われていたため、本人と関係しているお金だったことも大きいようです」(秋篠宮家関係者)

 昨年12月、『週刊女性』は眞子さまの“未来の義母”である小室佳代さん(51)が、元婚約者・竹田さん(仮名)との間に、400万円超の「借金トラブル」があると報じた。いくつかの週刊誌がこの件を後追いして報じたが、借金はいまだに返済されないまま。「借用書がないのをいいことに、“贈与”だと主張する小室さん親子に竹田さんは困り果てています。国際基督教大学(ICU)の入学金や授業料、留学費用、アナウンススクール授業料、小室家の生活費など約439万円が返金されないせいで、自宅を売却せざるをえない状況まで追い込まれてしまいました」(竹田さんの友人)

 '02年に夫・敏勝さんが他界したあと、シングルマザーとして圭さんを育てあげた佳代さんは、特に金銭面で苦労していたようなのだが、前出の友人は、こんな指摘をする。「小室家の収入源は、佳代さんのパート収入、敏勝さんの遺族年金、現在同居している圭さんの祖父・国光さんの年金などのようで、生活するには問題なかったと思います。現在は、圭さんが働く法律事務所の収入もあるはずなので、少しずつでもお金を返すことは可能なのではないでしょうか」

★まだまだ出てくる「金銭問題」

 一向にトラブルが解決に向かわない中、実は過去にも小室家が「金銭問題」を抱えていたと話すのは、佳代さんの知人。

o0616045413994834117.jpg
↑画像 小室親子

 「圭さんがまだ小学生のころ、東京都八王子市に佳代さんのご両親との二世帯住宅を購入する計画があったそうです。その際に、ご存命だった敏勝さんが金策に奔走していたのですが、敏勝さんの実家にもお金の工面を頼んだところ、断られてしまったようです。結局、新居は諦めたそうですが、この一件も影響して、敏勝さんの親戚たちと亀裂が生じてしまったんだとか」

 一部報道では、9月のおふたりの婚約会見後、圭さんが父方の親戚たちと食事会を開いた際に佳代さんは欠席したそう。まだ、“わだかまり”が残っているのかもしれない。過去も現在も「金銭問題」がつきまとう小室家に嫁がれる眞子さまを、心配されている方はほかにも。

 「美智子さまは、皇室記事をほとんどチェックしていて、今回の借金トラブルにも憂慮されているようです。眞子さまは初孫ですし、小さいころからとても可愛がっていたので、嫁ぎ先の家庭問題に心を痛めておられるでしょう」(皇室ジャーナリスト)

 美智子さままでもが小室家の借金問題を案じられる中、圭さん本人が“新たな動き”を見せたという。「借金トラブルについての記事が出て間もないころ、圭さんは、秋篠宮さまに“この件はまったく知らなかった。直接、説明したい”と申し出ました。しかし、秋篠宮さまは申し出に対して“結構です”と、はっきり断られたんです。その際の秋篠宮さまは、圭さんのことを信用しているから断ったというご様子では、なかったそうです」(宮内庁関係者)

 秋篠宮さまも困惑されたのだろうが、圭さんが「借金」について知らないはずがないと前出の友人は言及する。「竹田さんの自宅に佳代さんと一緒に借金についての話し合いで訪れた際、圭さんも“贈与だと認識しています”と、はっきり話していたそうです。留学から帰って来たときに、竹田さんに対して“ありがとうございました”と直接伝えていることからも、お金が竹田さんから渡っていたことは認識していたはずです」

 200万円という多額の留学費用を工面してくれた人物に対して、ひと言だけというのも冷たいが、秋篠宮さまに不誠実な対応をとろうとしていたことは問題だろう。

img_bf0beaa1ea7371e07d6106dcd9550a70356260.jpg
↑画像 宮内庁庁舎。圭さんは「借金トラブル」についての説明をしたのか

 騒動がおさまらない中、事態を重く見た宮内庁も、ついに重い腰を上げていた─。「圭さんが秋篠宮さまに“弁明”を申し出た前後に、宮内庁が圭さんを極秘に呼び出していたのです。その際は、金銭問題に関する詳しい説明を圭さんに求めたと思われます。一般の結納にあたる『納采の儀』まで1か月を切り、宮内庁も対応のとり方に悩んでいるようです」(前出・宮内庁関係者)

 1月25日に行われた長官会見でも、借金トラブルについての質問が記者から飛び出すなど、宮内庁の焦りは日ごとに増しているだろう……。

 2月2日の朝7時半ごろ、自宅マンションを出た圭さんに、現在の気持ちなどを聞くため直撃した。

★小室圭さんに直撃すると

 ─竹田さんはとても悲しんでいるそうです。少しずつでもお金を返す意思は今でもないのでしょうか? 「……」 竹田さんの思いを伝えると圭さんの表情がこわばった。

 ─宮内庁に呼び出された際には、どんなお話をされたのでしょうか? 「……」 記者がほかにも質問を続けるも、圭さんは何も答えず、まっすぐ前だけを見て歩き続けた─。

 『男系・女系からみた皇位継承秘史』などの著書があり、皇室問題に詳しい徳島文理大学教授で評論家の八幡和郎さんは、おふたりの今後について、次のような提案をする。「今回、話題になったような借金トラブルなどが再び起きないように、結婚式の前に話し合って対応をとったほうがいいでしょう。私が提案するならば、小室さんは語学が堪能とのことなので、本人の能力に応じた国際的な機関における就職口を宮内庁が斡旋したり、眞子さまは、宮内庁嘱託などの形で公務を続けられるのはいかがでしょうか。お住まいも必要なら普通の公務員住宅を用意するなども無理ではないと思います。皇室やご本人たちも安心できて、国民も納得できる枠組みを用意してから結婚されるほうが自然だと思います」

 今後、おふたりは、どのような道を歩まれるのか─。

(5)様々な疑問

 そもそも二人の結婚話を本人達&皇室の意思をまったく考慮せずに、2017年5月にセンセーショナルに先走り報道をしたのはNHKでした。それに対して今回のNHKの報道姿勢は消極的です。

 2018年2月6日の報道ステーションは、「秋篠宮眞子さま結婚を延期!」がTOPでしたが、2018年2月6日の「ニュースウオッチ9」のTOPは福井県の豪雪でした。なぜ2017年5月は積極的だったのに、今回は消極的なのでしょう。

955.当日の国会をまったく伝えないNHK総合の『ニュースウオッチ9』を一刻も早くぶっ潰そうぜ!!!!
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1240.html

 昨年2017年、私は「福田さんのブログを眞子さまが評価していますよ」とある方から言われました。俄には信じ難い話ですが、この話が仮に事実だとしたら、眞子さんはどこを評価なさったのでしょうか?

 眞子さんと小室圭さんの婚約破棄を望んでいる人々がたくさんいる様です。どの様な人々なのでしょうか?

 小室圭さん在日説は正しいのでしょうか?


 「眞子さんと小室圭さんの婚約破棄を望んでいるのは誰か? PART2」で考察します。

↓動画 松井玲奈
tumblr_nu6agfX0Yu1qjuzero8_400.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts