FC2ブログ

948.内気功とは何か? 外気功とは何か?

haregi-yoshimotosan-5.jpg
↑画像 2018年正月・晴れ着<振り袖>特集53 吉本実憂 

(1)匿名希望の1読者さんのコメント

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1228.html#comment2003

★健康等

 こんにちは。野中弘務さんは、いろいろな側面があった方ですね。

 話はかわりますが、私の場合は慢性的にアレルギー体質(花粉症、ハウスダストアレルギー、アトピー等)でかつヘルニア等もあります。それに加えてケムトレイルやネオニコチノイドへの反応もあるかもしれません。

 ステロイド系の薬や解熱沈痛剤などを使うと胃腸にかなり負担が来るので慢性的に胃腸は弱いです。

 気功などを知っているとある程度は抑えれると聞いたことはあります。

 しかも、今は寒いので体が冷えるからあまり解熱沈痛剤は使えない感じです。

 アレルギーや疼痛に対してステロイドや解熱沈痛剤は対症療法なのかもしれません。

(2)回答

>気功などを知っているとある程度は抑えれると聞いたことはあります。

 知っているだけでは駄目です。外気功を受けるなり、内気功で免疫力をUPさせ、体質改善を図らないと。

>アレルギーや疼痛に対してステロイドや解熱沈痛剤は対症療法なのかもしれません。

 その通りですが、つらい時は頼って良いと思います。

>ヘルニア等

 もし西洋医学で治らない場合、プロの外気功の施術を受けると良いかもしれません。

 <「357.皇室は迫害されているのか?」から転載開始 357はこちら>拙ブログの右上にある「プロフィール」にある通り、私も多少気を扱うことができ、腰痛や肩こりなどを回復させることができます。この4月に赴任したばかりの勤務校の生徒の何人かの肩凝り・腕や足の痛み・腰痛などが、私の特殊能力によって改善しました。

 しかし、昨日お世話になった東京都調布市の酒井秀雄氏の足下にも及びません。もしリンク先のサカイ・エナジー療法室(酒井鍼灸指圧院内)にMAILで申し込む場合、拙ブログを見て申し込んだと書き込んで下さい。別に割り引き価格になるわけではないのですが。

酒井秀雄の サカイ・エナジー療法室 (酒井鍼灸指圧院内) のホームページ
http://www.geocities.jp/sakai8e/<転載終了>

(3)外気功 内気功

 拙ブログでは気功という言葉はかなり登場していますが、外気功は過去3回だけしか登場していません。内気功は今回が初登場です。

 ネットでCHECKすると、外気功と内気功の定義づけにばらつきがある事に気づきます。

 私の定義付けはこうです。自己の邪気<マイナスエネルギー>を自己の強烈なイメージで除去し、その後で自己の強烈なイメージで宇宙などの外部から良い気を自己の体内に取り入れて循環させる<小周天と言います。その方法はまた別な機会に書こうと思います。いつになるか判りませんが。>のが内気功です。つまり内気功は一人で完結します。

 一人で完結する場合でも、外部の気を取り入れる事を外気功と主張している方もいます。

 施術者が調子が悪い方の邪気<マイナスエネルギー>を、施術者の強烈なイメージや動作や超人的なPOWERで除去し、その後で施術者の強烈なイメージや動作や超人的なPOWERで宇宙などの外部から良い気を、調子が悪い方に注入して、調子が悪い方の症状の改善を図り健康を回復するのが外気功です。つまり外気功は二人で完結します。

(4)無邪気
 
 邪気が無い状態を無邪気と言います。その状態が気功師が理想とする健康な状態です。生まれて間もない状態の赤ちゃんは無邪気です。その後の人生で邪気まみれになり不健康になっていくのです。外気功によって邪気をリムーブし、良い気を取り入れ、無邪気な状態になりましょう。

(5)自分の気を使って外気功<気功治療>をしている気功師は

 自分の気を使って外気功<気功治療>をしている気功師は、体を痛めたり早死にする傾向があります。外気功をした後の疲労度もかなりのレベルだったりします。自分の気を他人に注入しているのですから当然の結果です。

 それに対して私達がやっている様に自分の気を使わず、外部から良い気を取り入れて他人に注入する場合、外気功をしているとむしろ元気になります。

 もしお金を払って外気功を頼む場合、気功師自身の気を使って施術するTYPEの気功師は避けた方が良い。


(6)気功は代替医療に入ります

 {「600.医療マフィア利権に挑戦した安保徹先生は医療マフィア<医療殺人鬼>どもに殺害されたのか?」(拍手+いいね=1498)より転載開始 600はこちら日本以外の先進国では騙される人々が減り、癌治療に関しては代替療法が主流となっています。それを伝えるマスコミや教科書は日本にはない。ドイツやイギリスでは、医療費の50~70%が代替医療に使われます。日本以外の先進国の多くは、代替医療が保険でカバーされています。
 
 日本は西洋医学と一部の漢方しか保険で認められず、代替医療を選ぶと10割負担になりますので、代替医療を選ぶ人々は少ない。


 私は外気功で肩こりや腰痛を改善できます。まず相手の体内の邪気<マイナスエネルギー>を抜き、私の気を使用せず、外部から良い気<プラスエネルギー>を取り入れて、私の体をホースとして、不調を訴えている方の調子が悪い部分に手を近づけ<相手が望めばタッチする事もあります。その方が効果は高いですから。>、外部から良い気を注入していきます。そうすると症状が改善します。

 高校生なら約3分でたいてい症状が改善されます。今までに何人かの高校生の症状を改善してきました。


 広い意味で考えれば、気功も代替医療に入ります。ところが日本では、医師法により、医師以外は治療行為をしてはいけないとされていますので、私達気功師は「治療」ではなく「改善」と表現しています。

 医療マフィア利権大国日本は、法律や社会制度においても、それが維持されるようになっているのです。製薬会社は政治家の天下り先の一つです。製薬会社から多くの政治献金が流れています。

 今回の記事に書いた内容の多くを、突然死された安保徹先生が語ってらっしゃいました。私の様な無名の一市民が語るのとは訳が違います。医療マフィア<医療殺人鬼>どもにとっては、とても目障りな存在だったのでしょう。安保徹先生の逝去の報に接し、謹んで哀悼の意を表します。
<転載終了>

(7)遠隔気功

 多くの皆様は信じられないかもしれませんが、遠くにいる方に気<エネルギー>を送り、症状を改善させ健康を回復する遠隔気功という方法もあります。

 「なぜ日本は世界一のアレルギー大国なのか?」に続きます。

↓動画 AKB48 加藤玲奈
ygyEavl.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts