FC2ブログ

927.緊急投稿 AFNから通常番組が流れなくなった現実は何を示しているのか? PART1

山本彩 2018 晴れ着 1
↑画像 2018年正月・晴れ着<振り袖>特集32 NMB48 山本彩

(1)AFNとは?

 アメリカ軍ネットワークAmerican Forces Networkの略称。アメリカでは、国防総省広報局の管理下にあるAFNを通じ、在外駐留米軍向けに本国からのラジオ・テレビ放送番組を24時間体制で供給している。

 番組は国防総省製作のニュース、軍司令部情報、アメリカの主要商業テレビで放送されているコメディ、ドラマなどエンターテイメント番組(ただし商業放送CMはカット)、公共ラジオ放送で放送されている報道番組などが中心。

 AFNは国防総省広報局の管理下に置かれ、番組を伝送するインフラストラクチャーの役割を担っている。AFN本部は米東部バージニア州アレクサンドリアにあり、ニュース、軍司令部情報など国防総省独自番組は、ロサンゼルスのAFN番組センターで製作されている。

 AFNの前身は、1942年5月、米陸軍省によって設立された米軍ラジオ放送AFRS(Armed Forces Radio Service)である。1954年からテレビ放送が追加され、1997年にAFNと改称された。

 日本ではGHQによる占領中、東京、大阪、名古屋など主要都市でNHKの放送施設の一部を接収し、極東地域の占領軍向けラジオ放送を行い、1997年までFEN(Far East Network)とよばれた。2011年時点で衛星7機を使い、世界175か国にある1000の放送施設を通じ、ラジオ・テレビ番組を配給している。[向後英紀]

https://kotobank.jp/word/AFN-443663#E6.97.A5.E6.9C.AC.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E5.85.A8.E6.9B.B8.28.E3.83.8B.E3.83.83.E3.83.9D.E3.83.8B.E3.82.AB.29

(2)FEN

 FENと呼ばれていた頃の1970年代後半から1980年代にかけて、私はFENのラジオ放送をよく聴いていました。常連の読者の方は、「打倒、米帝!」とか言っているくせに「米軍のラジオ放送を聴いていたのですか?」と思われるかもしれません。

 「打倒、米帝!」という思想を持っている人が、アメリカ軍のラジオ放送を聴いてはいけないというルールや法律はありません。私にとっては「打倒、米帝!」という思想と、米軍のラジオ放送を聴くと言う事は、何の違和感もなく同居しています。

 FENでは、「AMERICAN TOP 40」や「The Wolfman Jack Show」や「Charlie Tuna Show」やYokota Air Baseからのローカル番組をよく聴いていました。当時の「AMERICAN TOP 40」のCasey Kasemは2014年に逝去しました。 Wolfman Jackは1995年に逝去しました。Charlie Tunaは2016年に逝去しました。

(3)アメリカ軍橫田基地<Yokota Air Base>

 FEN東京のスタジオは、私の実家から比較的近くにあったアメリカ軍橫田基地の中にあったので、親近感があった。私の実家の近くには当時、橫田基地で働く労働者もいた。また、基地公開日に父に連れられ橫田基地内の戦闘機の中に入ったりした。更に高校時代、福生郵便局での郵便配達のアルバイトで、橫田基地内に入り米兵の家族からチョコレートを頂いた事もあった。敗戦直後の子供の話みたいですが、1974年の事です。

横田基地ウォッチング 
↑画像 アメリカ軍橫田基地西側地域 東京都福生市 ③AFN(昔はFEN) 他の場所の写真と説明はリンク先の記事でご覧下さい。 
http://www.geocities.jp/yokota_nakusukai/watching-w.html

AFN(昔はFEN)
↑画像 ③ AFN(昔はFEN):国道16号の西側地区に設けられている。米兵向けのラジオ放送局。AMERICAN FORCE NETWORKと入り口に掲げられている。

 私が郵便配達をしていた福生市の東北部およそ1/3は在日米空軍横田飛行場です。ここには在日米軍司令部、第5空軍司令部、第374空輸航空団司令部がおかれています。また基地内には、病院、郵便局、消防署、学校、将校クラブ、下士官クラブ、ゴルフ場、教会、住宅などがあります。

 1940年旧帝国陸軍立川飛行場の付属として多摩飛行場が建設されました。敗戦後、1945年9月4日にアメリカ軍に接収されました。その後、拡張工事が行われ1960年ごろには現在の規模となりました。1971年以降、戦闘部隊が沖縄に移転したことにより、現在は輸送中継基地として機能しています。

 「横田」の由来は、当時基地の東にあった北多摩軍村山村(現在の武蔵村山市)にあった地名から取られたといわれています。

http://www.fussakanko.jp/info0124.html

800px-Yokota_Air_Base_Aerial_photograph_1989.jpg
↑画像 横田基地周辺の空中写真。1989年撮影の16枚を合成作成。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%94%B0%E9%A3%9B%E8%A1%8C%E5%A0%B4#/media/File:Yokota_Air_Base_Aerial_photograph.1989.jpg

(4)日米両国の空軍基地:橫田基地<横田飛行場>

 実は橫田基地<横田飛行場>は、2012年3月以降、移転再編された航空自衛隊の航空総隊司令部なども常駐するようになり、日米両国の空軍基地となっています。マスコミでは相変わらず、「アメリカ軍橫田基地」と呼ばれる事が多いので、それをご存知ない方が多いのですが。

 多摩飛行場<現在の橫田基地>は、大日本帝国陸軍の航空部隊の基地として開設され、第二次世界大戦後より、在日アメリカ軍司令部および在日アメリカ空軍司令部と、アメリカ第5空軍司令部が置かれている、東アジアにおけるアメリカ軍の主要基地であり、極東地域全体の輸送中継ハブ空港(兵站基地)としての機能を有している。また朝鮮戦争休戦協定における国連軍の後方司令部も置かれている。

 橫田基地<横田飛行場>は、前述の福生市の他、西多摩郡瑞穂町・武蔵村山市・羽村市・立川市・昭島市(構成面積順)の5市1町に跨がり、沖縄県以外の日本国内では、日本列島最大のアメリカ空軍基地であるが、沖縄県の在日米軍基地のように民有地の借り入れがなく、その殆どが国有地で占められている。

kitatama1.jpg
↑地図 北多摩軍村山町<現・武蔵村山市>の中に橫田という地名があります。
http://z-shibuya.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-01f7.html

 日米の軍用機の運用のほか、近年ではアメリカと同じく北大西洋条約機構(NATO)加盟国であり、エマニュエル・マクロン大統領により徴兵制復活が検討されているフランスの空軍輸送機(エアバスA340-200型機)の、フランス本土からニューカレドニアなどのフランス海外県への移動の際に、テクニカルランディング地として使用されることもある。

 なお、日米地位協定により、アメリカ軍人・軍属・それらの家族は、出入国管理の搭乗手続きを必要としない。そのため、日本国内で犯罪を犯したアメリカ軍将兵や、軍を掌握するアメリカ高位高官が軍用機を出入国しても、それが日本側に告知されない限り、日本国政府はその事実を知ることができない。2017年には大統領専用機でドナルド・トランプが入出国している。

829.アメリカのトランプ大統領が横田基地から入国したのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1091.html

 もちろん上のリンク先の記事などに出てくる「横田空域」や横田基地軍民共用化に反対です。

yokotakichi0208.gif
↑地図 橫田基地

(5)橫田基地←→平壌国際空港

20170814124134392.jpg

20170814124012112.jpg
↑画像 平壌国際空港の橫田基地行き出発便案内 2017年8月10日
http://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/52c0381c286011ecc0b3427219dfa9d1

★平壌発横田行き覚醒剤密輸専用便ですか?
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2017/08/13/%E5%B9%B3%E5%A3%8C%E7%99%BA%E6%A8%AA%E7%94%B0%E8%A1%8C%E3%81%8D%E8%A6%9A%E9%86%92%E5%89%A4%E5%AF%86%E8%BC%B8%E5%B0%82%E7%94%A8%E4%BE%BF%E3%81%A7%E3%81%99%E3%81%8B%EF%BC%9F/

 韓国系カナダ人の牧師、ヒョンス・リム氏はおととし、北朝鮮に入国して体制の転覆を図ったとして拘束され、裁判で無期懲役にあたる刑を言い渡されました。北朝鮮メディアは2017年8月9日、「リム氏が病気のため、人道的措置として釈放された」と伝えました。2017年8月10日午後、平壌からカナダの軍用機が在日アメリカ軍横田基地に飛来しました。ANNのカメラが乗っていた一行のなかにリム氏に似た男性の姿を捉えました。握手をするこのYシャツ姿の男性がリム氏なのかどうか現在、カナダ政府などに問い合わせていますが、回答は得られていません。カナダの軍用機は再び、飛び立ちました。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000107467.html

 この件を日本のマスコミはスルーしているみたいな事をネット上に書いてらっしゃる方がいますが、上のリンク先の通り、テレビ朝日はスルーせず「横田基地に飛来しました」と報道しています。

http://kiyuuji.hatenablog.com/entry/2017/08/13/020158

 北朝鮮・キムジョンウンが父・キムジョンイルの後継者に就任したのは2012年4月でしたが、キムジョンウンを後継者にするに際し、2011年から12年にかけて、米軍機が数回、横田基地やグアム基地からピョンヤン空港に飛来した事実がすでに米国で報じられていました。

https://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/36876444.html?__ysp=5qmr55Sw5Z%2B65ZywIOW5s%2BWjjOWbvemam%2Bepuua4rw%3D%3D

(6)アメリカは横田基地から施設資材を北朝鮮に向けて自由に空輸している!

 横田基地から米軍の貨物機が平壌に飛んでいることもわかっています。中には施設機材も確認されています。

 日本と北朝鮮は外交関係がありません。ノドン以降、経済制裁さえ日本は行っています。にもかかわらず、日本に許可もなく米軍機が平壌に飛ぶことは、明白に、日本の主権を侵す行為です。

 さすがに外務省の担当が米軍に「問い合わせる」と、「それ以上の詮索は日米関係を損なう」との一言でした。以降、問い合わせもできません。

 日米安全保障条約の地位協定による、「米国は、部隊を自己の欲する時期と場所に自由に展開できる」ことが認められている、という規定の範疇と解釈されているのでしょうか。

<from 「この国を操り奪う者たち」 著者 元自衛隊陸将補 池田整治 発行所 株式会社ヒカルランド P.131~P.132 >

http://open.mixi.jp/user/38378433/diary/1960548438

 以上の事実から、北朝鮮と米軍横田基地は水面下で常時、交流があるのではないかと考えられます。

 「緊急投稿 AFNから通常番組が流れなくなった現実は何を示しているのか? PART2」に続きます。

↓動画 乃木坂46
tumblr_p2lep605Mz1rt53klo1_500.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts