848.航空自衛隊浜松基地のヘリコプターに搭乗していた隊員4人は異次元にワープしたのか?

2017 秋 制服コレクション 道重さゆみ 矢島舞美
↑画像 2017秋の風景23 矢島舞美 道重さゆみ

(1)2020年8月12日に向けての123便事件の首謀者側の動き

 「760.123便は時空を超えた!!!<123便の真実・最新1> 」などで、123便がワープし3機に分かれた事を紹介しました。そして2020年8月12日に3機目の123便が静岡県沼津市のらららサンビーチに現れると言う説も紹介しました。760はこちら

 2020年8月12日に向けて、123便事件の首謀者側は、3機目の123便を出現させない為に準備をしていました。こちらの準備については後日別な記事で説明します。

 その準備が失敗して3機目の123便が静岡県沼津市のらららサンビーチに現れた場合の対応策も考え準備を進めています。

(2)3機目の123便を再びワープさせる!

 3機目の123便が静岡県沼津市のらららサンビーチに現れた場合の対応策は、「3機目の123便を再びワープさせる!」です。

 「3機目の123便を再びワープさせる!」為には、予行演習が必要です。実は2017年10月17日、浜松市の約20キロ沖の遠州灘で、夜間演習中だった航空自衛隊浜松基地のヘリコプターが墜落したとされ、隊員4人がいまだに行方不明のままの事故こそが、予行演習だったのではないかと指摘されています。


(3)レーダーから消えた

 空自によると、ヘリは2017年10月17日午後5時51分、夜間の洋上捜索訓練のため浜松基地を離陸。同57分、空自の管制機関と通常のやりとりをしたのが最後の交信となり、緊急事態が起きたことを知らせることがないまま午後6時2分、浜松基地の南約30キロの海上でレーダーから消えた。当日の飛行前点検や消息を絶つ5分前の交信内容に異常はなく、短時間に何らかのトラブルが起きたとみられる。

https://www.jomo-news.co.jp/news/domestic/society/9054

(4)見慣れない人物

 このヘリには浜松基地所属の隊員にとって見慣れない人物が一人搭乗していたという。この人物が異次元への転送の幇助をしたのではないかと指摘されている。

(5)浜松沖墜落の空自ヘリ引き揚げ

 航空自衛隊浜松基地の救難ヘリコプター「UH60J」が十月、夜間訓練中に浜松市沖に墜落し、乗員四人が行方不明になっている事故で、防衛省は二十六日、ヘリの機影がレーダーから消えた現場付近の水深約七百メートルの海底に沈んでいた機体後部と床部分を引き揚げ、事故原因究明の鍵となるフライトレコーダー(飛行記録装置)も発見、回収した。

 防衛省によると、同日午後四時半ごろ、民間のサルベージ船が事故機の後部と床部分をクレーンで引き揚げ、積み込んだ。機体後部にあったフライトレコーダーも回収した。機長の花房明寛三等空佐ら乗員四人については、依然見つかっていない。防衛省は、海底に沈んだままの事故機の天井部分の回収も急ぐ。

 防衛省は、高度や速度などの飛行データを記録したフライトレコーダーのデータの抽出に成功すれば、解析する方針。一方で操縦室の会話を録音したボイスレコーダー(音声記録装置)については、確認されなかった。回収した機体の一部は、御前崎港から空自浜松基地に運ばれる予定。防衛省が事故原因を分析する。

 防衛省は、海底に沈んでいた機体の一部を十六日に事故機後部と床、天井部分と特定。防衛省から委託を受けた民間のサルベージ船が十七日から引き揚げ作業を開始していた。悪天候や波のうねりが高かったため、中断していたが、二十六日に九日ぶりに再開した。

 墜落したヘリは十月十七日午後五時五十分ごろ、浜松基地を離陸。約三十一キロ南の浜松市沖上空で夜間の救助訓練中だった午後六時ごろ、機影がレーダーから消えた。これまでの捜索では、現場付近の海上で「航空自衛隊」と書かれたドアや燃料タンクなどが見つかっている。

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20171127/CK2017112702000093.html

 内閣支持率や平均寿命など当局の発表は嘘の代名詞である「大本営発表」の場合が多い。

↓動画 道重さゆみ
tumblr_n24gn9dakS1sy4hg4o1_500.gif
スポンサーサイト

Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/30 (Thu) 10:05 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

 >自衛隊浜松基地から車で20分足らずの場所に・・・・・・。今から15年くらい前に知人らが「何故浜松市には地下鉄が通せないのか?」と議論していた時期がありました。私は東海地震や南海トラフの問題かと思っていましたが、自衛隊の下を掘れないのが原因だと教えて貰いました。なんでも基地の下がどんな機材でも歯が立たないくらい硬い地盤だそうです。本当にそれだけの理由なのか?と時々考えます。

 また、自衛隊機墜落のあの一帯には次元を超える場所が存在しているのか?と2012年の夏くらいから感じております。私が特にそれを強く感じた場所は、竜洋町の海洋公園の浜辺周辺でした。

https://blogs.yahoo.co.jp/spacerobostar/GALLERY/show_image.html?id=https%3A%2F%2Fblog-001.west.edge.storage-yahoo.jp%2Fres%2Fblog-d0-c4%2Fspacerobostar%2Ffolder%2F621310%2F23%2F18491323%2Fimg_1%3F1386643201

 2012年夏にこの場所に出向いてから、住む場所が変わってしまったのでは無いかと思うような体感を得ました。それから宇宙への旅立ちや福田さんのブログに出会ってゆき、自分が謎に思っていたことが徐々に紐解かれて行く感じがしております。

 先日のコメント欄に書きました、6の字のケムトレイルは、自衛隊機墜落の現場から西の方向で見ました。福田さんのブログにケムトレイルは宇宙からの情報を遮断すると言った意味合いの記事がございましたが、もしかしたら遠州灘のあの一帯のどこかに知れてはいけない何かかあるのでしょうか?

 霊感が強い方が以前言っておりましたが2011年4月から少なくとも2回はあの一体で起こされるはずの人工地震が宇宙的な力で止められているそうです。

***************************

 ●●さん、コメント、ありがとうございます。

>なんでも基地の下がどんな機材でも歯が立たないくらい硬い地盤だそうです。

 下を掘らせない為の口実かもしれません。浜松市にも地下原発があるという話があります。いずれ記事にします。そこで市内のどこかについて書きます。

>もしかしたら遠州灘のあの一帯のどこかに知れてはいけない何かかあるのでしょうか?

 ピンポーン、正解かもしれません。いずれこちらも記事にするかもしれません。

>霊感が強い方が以前言っておりましたが2011年4月から少なくとも2回はあの一体で起こされるはずの人工地震が宇宙的な力で止められているそうです。

 そうだと思います。

2017/12/02 (Sat) 23:56 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/03 (Sun) 09:38 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

 浜松に地下原発…。初耳です。

 そう言えば東関東大震災の日の前から前日くらいまでの体感からすると浜松も地下に何かあってもおかしくないのかもしれません。

 以前、宇宙への旅立ちのコメントにも残したことと被りますが…震災当日、午前中は雨が降りそうな曇り空でした。肌寒さを感じました。お昼過ぎから段々と晴れて参りました。そして14時くらいには晴天になり暖かくなってまいりました。14時40分過ぎにまるで大きなフェリーに乗っているような感覚がしました。間も無く揺れが大きくなり地震だと気付きました。今迄体感した事のないようなものでした。こちらは震度4くらいでした。

 床下暖房は無いのに足元からじわじわと熱気が上って参りました。その時に漠然と、これは人工地震と呼ばれるものじゃないか?と思っていました。揺れはおさまりベランダに出ると雨は降ってなかったはずなのに雨上がりのような空気と空模様でした。

 この地震の10日くらい前もおかしなことがありました。夕方、キッチンの全ての戸を締め切りご飯の支度をしていました。風が入る余地も無いのに突然キッチンと居間の仕切りの戸の一枚だけがガタガタと揺れ出しました。一瞬、地軸がズレた?と過ぎりました。

 また昨年末にはこんなこともありました。

http://mirasoku.com/archives/1063083032.html

 この現象、私も体感を致しました。以下コピーの部分は私の書き込みです。遠州灘の方角(浜松駅から見てやや東と思われる方角から)から音が聞こえてきました。おかしな文の書き方になるくらい大きな音で一瞬慌てました。829: M7.74(静岡県) 2016/12/14(水) 09:32:17.76さっきの地震かね?どかーんいってガタガタした

 話は前後してしまいますが東関東大震災の数日後の富士山付近の地震の直後に浜松基地の方から、飛行機のエンジンのような爆音が聞こえて参りました。被災地に行くのか?と思い、窓を開けて空を見ていましたが飛行機が通らないのです。わが家は自衛隊機の空路下になるようで、上空を飛んでるのを度々見掛けます。しかし、その日は一機たりとも。

 しかも床に就くと床下の西方向(自衛隊基地の方)から地の中を這うかのような、ゴォォォと言う音が深夜2時くらいまで響いていました。自衛隊基地の下には地上に出せないような特殊な飛行機が格納してあって非常時に併せて出動をさせる為の整備をしているのか?と思った程です。

 浜松市に・・・・・・・・・・・・・・。・・・・・・・・・・・・・一部空気が滞っているような場所を何箇所ありましたが地下原発などの影響もあるのでしょうね。その箇所は、三方原大地一帯高丘地区(自衛隊近辺)、北区細江町、引佐町の一部(直虎のロケ地に使われた場所でもあります。)

 どこに原発があるか気になります。

***************************

 ●●さん、コメント、ありがとうございます。

 地下原発は工事用車両がたくさん入っても誰も不思議に思わない場所の地下にある場合が多い。普通の住宅地だと工事用車両がたくさん入ると、地域住民が不思議に思いますよね。

 (新)日本の黒い霧が明らかにして拙ブログなどが拡散した東京地下原発はほぼ東大本郷キャンパスの地下ですから、広い東大本郷キャンパスに工事用車両がたくさん入っても誰も不思議に思わないですね。

 拙ブログで最近取り上げた福岡地下原発は広い新幹線の車両基地の地下ですから、これまた工事用車両がたくさん入っても誰も不思議に思わないですね。浜松市内にもそんな場所がありますね。

 もちろん●●さんが例に挙げた自衛隊基地もそれに該当しますね。他にもありそうですね。

2017/12/05 (Tue) 00:37 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/05 (Tue) 10:35 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

 浜松市ではありませんが袋井市と言うところにエコパスタジアムがあります。新幹線と在来線の線路が近いと言うことで2002年のワールドカップの為にスタジアム建設の為に急激に開発をされた場所でもあります。スタジアム誘致問題は1992年頃に出始めました。

 開発以前は、田畑や山が広がるのどかな場所でした。誘致問題の際、集落内の高圧線の鉄塔の一部を地下に埋めてフラットにすると言う話が出てスタジアムの建設予定地近くに有った鉄塔が地下に埋められました。

 そこに住む者達は「何故、ここに?小笠山の自然を壊すの?」だいぶ反対派もいましたが国と県に丸め込まれた感じでした。

 工場着工直後の1995年深夜に夜中に重機が焼かれる火災がありました。翌年には一月から夏場にかけて集落内で相次いで七人が不慮の死。

 そのうち五人は死因を覚えています。70代男性→朝、家族が起こしに行ったら息をしていなかった。心臓発作。10代後半の女性→9月に癌が見つかり1月に死亡。20代前半女性→突然の交通事故死。70代半ば女性→癌が見つかり入院。半年くらいで死亡。60代半ば男性→(私の祖父です。)1995年夏に下血を訴え病院へ。ステージ4の癌で即入院。翌年入院から丸10ヶ月で死亡。あと二人の死因は忘れてしまいました。老衰や長年病んでいたような事はありませんでした。

 60世帯足らずの集落。事故死の方を除き建築現場から一キロ圏内に死者が集中していたと言う事で、当時は山を崩した祟りだと囁かれていました。

 今、そのスタジアムの近くの理工科大学で大掛かりな工事をしている模様です。

********************************************************

 ●●さん、びっくりする様な興味深いお話を、ありがとうございます。袋井市のエコパスタジアムの地下にも、もしかしたら何かがあるかもしれませんが、拙ブログで取り上げ始めた浜松の地下原発はここではありません。静岡県在住の仲間に確認後、なるべく年内に浜松の地下原発を記事本文で取り上げる予定ですのでお待ち下さい。

 

2017/12/05 (Tue) 20:55 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/17 (Sun) 22:01 |  | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/12/17 (Sun) 23:30 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

 こちらにコメントの追加させて頂きます。浜松市の地下原発のブログを拝読させて頂きました。私の住まいは三方原大地と呼ばれる場所からも近いです。

 15年程前に知人らと地下鉄談議となったかと申しますと、三ケ日町から浜松駅の方を繋ぐ道に姫街道と言う道があります。三ケ日町、細江町、三方原町、葵東(自衛隊基地の近く)を経て浜松駅に向かうのですが、この道の渋滞が凄まじいのです。もう一本都田町から来ているバイパスもありますが姫街道の渋滞はさほど緩和されません。

 古くから住んでおられる方が言うには、姫街道を高架線にするか、混雑の元凶の一つの追分交差点の交差の部分を地下に潜らせたらどうか?等と言う案も出た時期もあったようですが一過性のもので叶っていません。もし、姫街道の渋滞が解消されたら浜松市ももっと発展するかもしれないのに。という話題から地下鉄が出てきたのです。

 浜松駅から姫街道下を通り天竜浜名湖鉄道金指駅。浜松駅から自衛隊基地下、高丘、さくら台下を通り天竜浜名湖鉄道気賀駅。
いずれも自衛隊基地の辺りの地下が固過ぎて掘れないと言う話でした。

 福田さんの最新記事を拝読をさせて頂き思い出したのですが、同じ頃に職場の方が三方原に家を建てました。理由は、三方原は土地が大変固いからだそうです。また、別の古くからいらっしゃる方の話しによれば高丘、三方原大地、初生町、半田山(半田山はどこかに古墳があったらしいです)辺りは市内でも物凄く地盤が固いと言われているようです。

 姫街道沿いの三方原と住吉町には聖◯病院、半田山には医◯大学病院、佐鳴湖付近には医◯センター。偶然かもしれませんが原発疑惑のある地名には大きくて立派な病院もあります。

 地盤が固いからと言われている土地は地下鉄や地下道を掘らせない為に言われている口実が信憑性を帯びて来たように思えてきました。

**********************************************

 コメント、ありがとうございます。

>三方原大地

 三方原台地です。台地はどこもたいてい地盤が固く、地震の際の揺れが元田んぼだった様な場所に比べるとやや少ないのです。

>いずれも自衛隊基地の辺りの地下が固過ぎて掘れないと言う話でした。

 口実の様な感じがします

>地盤が固いからと言われている土地は地下鉄や地下道を掘らせない為に言われている口実が信憑性を帯びて来たように思えてきました。

 そうですね

2017/12/18 (Mon) 00:04 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

 最新記事には対するコメントをこちらに書いて申し訳ございません。西伊場遺跡と言う名前は今日、福田さんの最新記事にて知りました。西伊場に遺跡があったと言うのは15年くらい前に聞いた事がありましたが線路になってしまって残ってないと聞いておりました。

 蜆塚遺跡は私達が小学生時代には三つほど離れた市からも社会見学で行っていました。五年生が蜆塚遺跡、六年生が登呂遺跡
でした。

 実は私が五年生、六年生でお世話になった恩師の知人が30年程前に蜆塚遺跡の博物館の館長を務めておられました。その繋がりで社会見学の際、一般の方の出入りを禁止している石碑のある場所に通して頂きました。

 蜆の供養塔か何かだった気がします。その時に館長さんと恩師が、ここは高台で安全な場所だった。佐鳴湖は古代はもっと広かった。この遺跡の近くに古墳があった。などと説明をして下さいましたが、その古墳の場所を指差していた方向くらいしか覚えがありません。

 小学生の頃の記憶を辿り、大人になった今。蜆塚遺跡に行くと異空間を感じます。芝生と復元住居の場所から遊歩道を通り博物館の方に向かうのですが、中に凄く樹齢が高そうな木があります。その下にいると不思議な感覚がします。

 蜆塚遺跡の隣には山神社があります。こちらも縣居神社のようなお役目なのでしょうか?

*********************************************

 コメント、ありがとうございます。

>西伊場に遺跡があったと言うのは15年くらい前に聞いた事がありましたが線路になってしまって残ってないと聞いておりました。

 やはり権力側は人々の伊場遺跡に対する関心を下げようとしているのでしょう。

>蜆塚遺跡の隣には山神社があります。こちらも縣居神社のようなお役目なのでしょうか?

 こちらはたぶんそういう役目はないと思います。


2017/12/18 (Mon) 00:11 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts