FC2ブログ

779.2017年9月23日に惑星ニビルが地球に衝突し人類は滅亡するのか?

199d2be7.jpg
↑画像 2017・夏・海34 人類滅亡の日の夕日? 乃木坂46 

(1)ニビルの神

 「778.麻生太郎より安倍晋三の方がましではないか?」などで取り上げた9月クーデターが決行されなかったとしても、更なる衝撃が数日後に人々を襲う事になるかもしれません。その衝撃は地球人全員を襲います。778はこちら

 拙ブログで「ニビル」という言葉が初めて登場したのは、「6.2012年は、どのような1年になるのか?  PART2」の「(8)2012年」でした。6はこちら

 <6から転載 一部修正>2012年は、ある意味で特別な年と考えられています。というのは、今年は、かの有名な「マヤの予言」の終末の年であり、フリーメーソンのNWOアングロサクソンミッション計画実現の年であり、聖書のいうところの「ドームズデイ(終末の年)」であるからです。また、スピリチュアル系の人々のいう「アセンションの年」、NASAの科学者のいう「太陽系が銀河系のフォトンベルトを通過する年」とも言われています。

 はたして2012年はいったいどのような年になるでしょうか? これは実に興味深いところです。本当にそういった予言の数々のようなことが起こるのでしょうか?

 一部には、2012年は、一部のお金持ちがNWOを構築してこの世界を統一し世界支配するという計画が実現されてしまう年だという噂話があります。ロスチャイルド家やロックフェラー家などの欧米のコケイジアンの家系がこれまで世界史上果たそうとして果たせなかった積年の夢であるらしい、「世界帝国樹立」の夢を何が何でも強行に実現するというのです。その目的のためには「第三次世界大戦」すら辞さないというのです。

 本当に彼らはそれを実現しようとするでしょうか? これまた興味深いところです。

 また、別の一説では、我々の銀河系の外からこの銀河系に入って来た未知のエイリアンのグループが昨年の2011年に我々の地球を発見し、かつてのコロンブスがアメリカ大陸を発見した時のように歓喜して、その種族が2012年には地球に大挙して移住して来るという予言があるそうです。「ウィングメーカーの予言」というものです。

 果たしてそういう未知の宇宙人がこの地球に大勢で侵入して来るでしょうか?

 また、別の一説では、ゼカリア・シッチン博士が一生をかけて研究し解読した、「ニビルの神々」が2012年の今年にいよいよ再臨するという話があります。一部のものたちはすでに帰還しており、これから本格的に数千年前の敵を取り、決着を計るというものがあります。

 果たしてニビルの神々とその子孫とニビルの神々を裏切りこの地球に居残った敵との間の戦争が起こるでしょうか?

 私にはこれらのどれが正しいのかまったく分かりません。しかしながら、今年がどうやら「戦さの年」、「戦いの年」、それも人類の歴史上類を見ないような戦いの年になるのではないかという予感がします。

 ニビルの神々は我々普通の地球人は彼らの戦いに加わるなと言っているようです。しかしNWOイルミなTの人々は戦争をやる気満々です。

 では、我々はどこかに穴を掘って2年ほど隠遁生活をしていればいいのでしょうか?

 しかしながら、そういうことをすることもなかなか難しいことです。したがって、どんな状況になろうとも、我々日本人は「一蓮托生」の精神で、手を取り合って生き延びる道を探す他ないでしょう。<転載終了>

 予言はすべてはずれましたね(^∇^)。終末予言はたいていはずれますね。

 次に「ニビル」という言葉が登場したのは、「571.伊雑宮(いざわのみや)のエネルギーレベルを落としているのは誰だ?」の「(23)神社とは人間の子供達を人食い爬虫類エイリアン達に生贄として捧げる場所」でした。571はこちら

 <571から転載 一部修正>「神社、そこは誘拐拉致してきた人間の子供達を、人食い爬虫類エイリアン達に生贄として捧げている場所。神として祀られているのは、ニビルやアルファ・ドラコニス、そしてオリオン座からの人食いエイリアン達。神聖な場所? とんでもない!血にまみれた呪われた場所だ。」と「宇宙への旅立ち」は主張している。

http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/04/blog-post_95.html

 「天孫降臨とは、人食い爬虫類エイリアン達が、彼等のUFOに乗って現れる事を言う。」と「宇宙への旅立ち」は主張している。<転載終了>

 二例とも「ニビル」を神としてとらえている。

(2)2017年9月23日に惑星ニビルが地球に衝突し人類は滅亡するのか?

 三回目に「ニビル」という言葉が登場したのは、<711.「官僚支配の打破」は馬鹿が官僚を支配する為のスローガンだったのか?>の「(7)2017年10月中旬に地球の5倍の惑星ニビルが地球へ衝突するのか?」でした。711はこちら。三例目は神ではなく惑星の意味で登場している。

 <転載開始>地球の5倍の惑星ニビルが急速接近中で2017年10月中旬に地球へ衝突するという。地球は粉砕されて消滅するという。それは創造主らによる宇宙粛清の一環であるという。新氷河期が2017年秋から始まって、地球は氷の惑星になるという。たぶん外れますよ。<転載終了>

 謎の巨大惑星ニビルが地球に迫っているらしいという噂は前からまことしやかにささやかれていたが、キリスト教系数秘術師のデビッド・ミード氏によると、2017年8月21日に訪れた皆既日食はニビルが地球に衝突する前兆だったという。彼はこのことは聖書で予言されている事実であると主張している。

 惑星Xとも呼ばれるニビルは、2003年以来、いくどか地球を滅ぼすと予言されてきた謎の惑星だ。NASAはその存在を否定しているが、実在を信じる者は数多く存在している。

 711に記載されている通り、ミード氏は太陽の双子の重力によって10月にニビルが地球に衝突すると主張していた。ところが2017年8月、彼はその運命の日を早め、8月21日(米時間)にアメリカで広く観測された皆既日食がニビル到来の前兆であると発表した。日食に続き、2017年9月23日にニビルが地平線に現れ、地球に直撃。人類は滅亡するという。

http://karapaia.com/archives/52243994.html

b2a81b58.jpg
↑画像 地球に迫るニビル<想像図>

 その根拠として彼は聖書に言及する。旧約聖書のイザヤ書13章には、日食の日に世界が滅亡することを暗示する一節がある。

 「見よ、主の日が来る。残酷な日だ。憤りと燃える怒りをもって、地を荒れすたらせ、罪人たちをそこから根絶やしにする。天の星、天のオリオン座は光を放たず、太陽は日の出から暗く、月も光を放たない」

 さらに33章にも滅亡を示唆する記述があるという。

 また彼自身の著書『Planet X - The 2017 Arrival(惑星Xが2017年にやってくる)』では次のように説明されている。太陽には双子が存在し、それが地球の南極へ向かって接近している。双子の周りには7つの天体が公転しており、その1つが巨大な青い惑星ニビルである。

 陰謀論では、ニビルはその重力で数百年前に他の惑星の軌道を乱した張本人とされており、”ならず者惑星”とも呼ばれる。

 ミード氏によると、困ったことに地球に接近する角度の問題で、南アメリカ上空から高性能カメラで観測しない限りは、ニビルは発見できないのだという。

(3)2017年9月28日に地球に衝突するとされる2013TX68

 幸い2017年9月23日に惑星ニビルが地球に衝突しなかったとしても、更なる衝撃が数日後に人々を襲う事になるかもしれません。

 2016年3月15日に「2013TX68」という惑星が地球スレスレを通り過ぎ、「地球に衝突するかも!?」と危惧された。とはいえ、軌道を計算すると衝突する可能性は殆どなく、何事もなく通り過ぎた。

 しかし同じ2013TX68がぐるっと宇宙を回って、2017年9月28日に再び地球スレスレを通り過ぎる。

 計算によるとTX68が地球へ接近する2017年9月28日には、2億5000万分の1というきわめて小さな確率で地球に衝突する恐れがあるという。2013TX68が地球に衝突しても人類は滅亡しないという。滅亡しないものの、地球に衝突したら死者が出る可能性はあるのでしょう

http://soyokazesokuhou.com/nibiru/

(4)アメリカ本土を狙った北朝鮮の弾道ミサイルが日本の上空を通過することはない!

https://ameblo.jp/don1110/entry-12311440648.html

 高校生の皆さん、上のリンク先の記事は地理の学習に最適な記事であるとともに、権力者に騙されない大人になる為に読むと良い冴えた記事です。日本から北米大陸への飛行機の窓から景色を眺め続けていると、この記事がよりリアルに実感できるでしょう。

正距方位図法で平壌→ロサンゼルス
↑地図 正距方位図法で平壌→ロサンゼルス

 故に、アメリカ本土を狙った北朝鮮の弾道ミサイルが日本の上空を通過することはない!

★衝撃ニュース東京五輪「買収と結論」 北ミサイルで吹き飛ぶ
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2048617.html

↓動画 SKE48<当時> 松井玲奈
tumblr_nrvhehu0gJ1u1vw4mo1_500.gif
スポンサーサイト

Comment

どう思われますか  #-

お礼の言葉

こんにちは。先日の「776.伊豆半島は新兵器の実験場なのか?」の記事では大変ご丁寧な御批評を頂きまして有り難う御座いました。

 私は、進化論を完全に否定することが出来ません。たとえば、神が人間を創ったとするなら、何故、胎児の成長過程で尾っぽ・水かきなどが顕在化しているのか、神に似せて人間を作ったのなら全く不必要ではないのか、神々も実は進化を辿ったのではないだろうか、などの疑問を感じております。

>現代人の多くは大昔の人々が普通に使っていた能力を失っている可能性があります。

 私は昔、日本神道の方から、神とは基本的に地上活動をしない存在を言い、地上活動を行う存在を尊・命(ミコト)と尊称して区別していると聞いたことがあります。
 また、西欧諸国では神と人間は別々の存在ですが、人間は「神の生き宮」だと考えるのが日本神道の立場だとも言っておられました。

2017/09/18 (Mon) 10:36 | URL | 編集 | 返信
7回目の終了です(その3) #-

7回目の終了です(その3)

こんにちは。いつも興味深く拝見しております。ところで「終末予言」について、御興味をお持ちでしょうか。

世は、七度の大変りと知らしてあらう。(黄金の巻 第26帖)
世はグルグルと七変り、改心の為 世界の民皆、今度は引上げ一旦みなあるぞ。(黄金の巻 第71帖)

★(追記)
 上記以外にも、シリウスファイルのオコットのメッセージ、ヒトラーの予言、エズラ黙示録、ヨハネの黙示録(外典)、マザーシプトンの予言、ビリーマイヤーの予言、その他の予言などにも類似性や関連性が認められます。

どう思われますか。

2017/09/18 (Mon) 10:39 | URL | 編集 | 返信
7回目の終了です(その4) #-

7回目の終了です(その4)

こんにちは。いつも興味深く拝見しております。ところで「因縁の身魂」について、御関心をお持ちでしょうか。

① 因縁の身魂について

 尊い身魂と、尊い血統、忘れるでないぞ。(青葉の巻 第13帖)

 外国人も神の子ではあるが性来が違ふのざぞ、神の国の臣民がまことの神の子ざぞ、(日の出の巻 第20帖)

 同じ神の子でありながら神の臣民の肩持つとは公平でないと申す者あるなれど、それは昔からの深い経綸であるから臣民には会得(わから)んことであるぞ、(日の出の巻 第20帖)

 今 外国よいと申してゐる臣民は外国へ行っても嫌はれるぞ、(雨の巻 第11帖)

② 次の世について

 日本は別として世界七つに分けるぞ、(下つ巻 第13帖)

 神の国を真中にして世界分けると申してあるが、(下つ巻 第26帖)

 日本の国は元の神の血筋のまじりけのないミタマで、末代 世治めるのざ。(磐戸の巻 第13帖)

 今度 役目きまったら、末代続くのざぞ、(松の巻 第10帖)

★ どう思われますか。

2017/09/18 (Mon) 10:41 | URL | 編集 | 返信
 #-

本日、日テレ金曜ロードショーで「崖の上のポニョ」が放映されます。
「崖の上の歩ニョ」は転変地異」が突然発生し、人も待ちも飲み込まれるという作品ですが、9月23日に何か起こされるのか、起きるかの暗示でしょうか。

2017/09/22 (Fri) 07:29 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: お礼の言葉

「どう思われますか」さん、ご来訪ありがとうございます。

>私は、進化論を完全に否定することが出来ません。・・・・

同感です

>神々も実は進化を辿ったのではないだろうか、

様々な神々が存在していますので、そうした例もあるかもしれません。

2017/09/24 (Sun) 22:38 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 7回目の終了です(その3)

> こんにちは。いつも興味深く拝見しております。ところで「終末予言」について、御興味をお持ちでしょうか。

いつも興味深くご覧頂き、ありがとうございます。「終末予言」について、多少の興味はありますが、優先順位は低いです。

> どう思われますか。

例にお挙げになった予言等を読んでいないので、何とも応えようがありません。

2017/09/24 (Sun) 23:53 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 7回目の終了です(その4)

> こんにちは。いつも興味深く拝見しております。ところで「因縁の身魂」について、御関心をお持ちでしょうか。

ご来訪、ありがとうございます。日月神示ですかね。余り関心がありません。申し訳ありません。

> ★ どう思われますか。

難しくてよく判らないのですが、「日本は別として」みたいな考えは、敗戦前の様な日本人の思い上がりを生み、侵略戦争に結びつく可能性がある。

2017/09/25 (Mon) 00:10 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

コメント、ありがとうございます。

貴コメントをベースに、<781.緊急投稿 2017年9月22日21時からの金曜 ロードSHOW!で「崖の上のポニョ」が放送されるのは、2017年9月23日のニビル接近による巨大津波を暗示しているのか?>を書かせて頂きました。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1038.html

2017/09/25 (Mon) 00:14 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts