FC2ブログ

773.埼玉県警の警察官が殺害され埼玉県秩父市の山中に埋められたのはなぜか?

c6dac7e5.jpg
↑画像 2017鉄道シリーズ14 埼玉県秩父市荒川白久1627 秩父鉄道三峰口駅 乃木坂46「ALL MV COLLECTION~あの時の彼女たち~」ジャケット写真撮影場所 左から桜井玲香、若月佑美、生駒里奈、齋藤飛鳥、高山一実、橋本奈々未、衛藤美彩、西野七瀬、白石麻衣、深川麻衣、生田絵梨花、秋元真夏、星野みなみ、松村沙友理、伊藤万理華、井上小百合

(1)はじめに

 「771.日本には時空転送装置<ジャンプルーム>があるのか?」の冒頭で、773は「伊豆半島は新兵器の実験場なのか?」になるとお知らせしましたが、773はこの記事にさせて頂きます。申し訳ありません。771はこちら。伊豆半島の記事も近日中に必ず書きます。

 この記事は2017年9月2日3本目の記事です。1本目は771です。2本目はこちら

(2)体全体のバランス

 冒頭の写真をよく見ると、齋藤飛鳥さんと衛藤美彩さんと井上小百合さんは、若いのに体全体のバランスが崩れていてどこかに不調を抱えている可能性を感じます。次いで若月佑美さんにもややそうした傾向がある可能性を感じます。

 齋藤飛鳥さんと衛藤美彩さんは顔が左傾化しています。若月佑美さんもややその傾向があります。彼女たちの思想が左傾化しているかどうかは判りません。井上小百合さんは顔が右傾化しています。写真を撮られる際、顔がまっすぐにならずに左傾化か右傾化する方は、体全体のバランスが崩れていてどこかに不調を抱えている可能性があります。

 街角の証明書写真に写る際、努力しないと顔がまっすぐにならない方は、体全体のバランスが崩れていてどこかに不調を抱えている可能性があります。例えば肩こりとか。そうした方は左右の足の長さが微妙に違う場合が多く、これが不定愁訴の原因になります。私達気功師はそうした体のアンバランスを気功の力で是正します。


(3)口封じの歴史・高天原山事変161 美谷島健(みやじまけん)くんと思われる男の子を抱えた埼玉県警埼玉県警の警察官

 「567.日本航空123便墜落事故の本当の生存者は7名だったのか?」の(12)に次の写真を掲載した。567はこちら

美谷島健くんと思われる男の子を抱えた埼玉県警職員
↑画像 美谷島健くんと思われる男の子を抱えた埼玉県警の警察官

 この写真の人物は1985年8月13日に撮影された、美谷島健くんと思われる男の子を抱えた埼玉県警の警察官です。着慣れない自衛隊員に思われる衣服を身につけています。

 769の冒頭に書いた通り、1機目の123便と2機目の123便は不時着し、二人に分かれたので1000名以上になった乗客・乗員は不時着時無事だったと考えられる。769はこちら

 埼玉県警の警察官が自衛隊員に思われる衣服を身につけさせられて、1機目と2機目の123便の生存者の虐殺に投入されました。約100名と推測されています。

 美谷島健くんと思われる男の子を抱えた埼玉県警の警察官は、その姿を写真に撮られ、ネットで拡散された為に数年前に殺害された。ネット上で自衛隊員とされている人物が埼玉県警の警察官として県民に接したらまずいし、ましてその職員が秘密を漏らしたら大変な事になるので。
遺体埋設場所は冒頭の写真の撮影現場の西方にある三国峠付近といわれている。


↑地図 冒頭の写真の撮影現場・秩父鉄道三峰口駅


↑地図 三国峠

 警察官は他県への旅行さえ管理が厳しい。そうした状況の中、群馬県で虐殺をする際、たくさんの埼玉県警の警察官が埼玉県警の制服で群馬県入りすると目立つので、自衛隊員に思われる衣服を身につけさせたのです。

(4)口封じの歴史・高天原山事変162 美谷島健くんの霊<転載記事>

https://ameblo.jp/usitora21/entry-11908593298.html

 <転載開始>車を降りて歩き出し、すげの沢から登り始めると、突然霊的に敏感なIさんに、次々と亡くなったご霊さんが彼女の口を借りてお話を始められました。

 「目が回る、目が回る、私の鞄はどこか」と訴えるサラリーマンの方や、自分の体の一部がないと訴える女性の方など事故の壮絶さに驚愕しました。
 
 そして最後に来られたのは男の子でした。その子は「頭が熱い、頭が熱い」と私に訴えてきました。どうやら頭を強く打ってしまったようでした。そこで男の子にお祓いをさせて頂きました。

 しばらくすると落ち着いてお話をしてくれたのです。なぜか飛行機には一人で乗っていたそうです。現場を回る間ずっと彼が道案内をしてくれたのです。昇魂の碑の前で祝詞を奏上し、現地のお祓いをさせて頂き犠牲者の冥福を祈らせて頂きました。

 近くには犠牲者の方の遺影などが置かれている小屋があり、その男の子は「僕の写真がある」と言って、私達をそこへ案内したのです。彼は「これが僕だよ」と言って一枚の写真を指差しました。そこにはまだあどけなさの残った、かわいい小学生くらいの男の子の写真でした。

 慰霊の祈りを終えて下山を始めました。しばらくすると男の子は 「僕はもうこれ以上は一緒に行けない、おじさんありがとう、また来てね」と言って手を差し出してきたので、固く握手を交わして別れたのです。その後暫らくして、その子の名前は健君だということが判りました。ふと気が付くと、あれほど痛かった首の痛みが消えていたのです。
<転載終了>

10222.jpg
↑画像 美谷島健くん

★日航ジャンボ123便 今も生存している「5人目、6人目、7人目の生存者」は、美谷島健 君、と、岩切大樹 君、矢野忠祐 君
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/575.html

★日航ジャンボ123便 生存者の男の子(自分で顔を隠す元気)が自衛隊員により死体置場に運ばれていく様子を記者が見逃さず撮影
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak43/msg/329.html

↓動画 実はエンディングの動画はたまにその記事の内容に連動している事があります。 松井玲奈
tumblr_m6f5qkkDUC1rt53klo4_r7_250.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts