103.関越自動車道の事故、現場はほぼ直線、運転手が居眠り、だったら運転手はたいていハンドルを動かさない、だったら、左側の防音壁に突っ込むと言うことはありえないと考えられる。なのに、この事態、いったい、どうして?

本日も拙ブログにご来訪を賜り、誠にありがとうございます。 本文の黒文字でない部分をクリックすると、関係のリンク先へ飛ぶことができます。 拙ブログの内容に興味をお持ち頂けたら、周りに拙ブログの存在を知らせて頂けると幸いです。 今回の記事は、<101.最近の交通事故の多発の真相は?>と<102.関越自動車道の事故は、殺人事件ではないのか?>の続きですので、二つの記事を、本文だけでなく、写真や図などもす...