FC2ブログ

844.日本が精神病院数世界NO1であるのはなぜか?

欅坂46 菅井友香 志田愛佳 ボム 2017年02号 1
↑画像 2017秋の風景20 欅坂46 菅井友香 志田愛佳 ボム 2017年02号

(1)日本は精神病院数世界NO1

 日本は精神病院数世界NO1です。世界の精神病床数の約20%が日本の精神病院です。つまり世界の精神病患者の5人に1人は日本人という事になります。日本は第2次世界大戦中、ドイツ、イタリアと軍事同盟を組んでいました。そのイタリアには精神病院がありません

599.イタリアに精神病院がないのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-822.html

(2)安倍晋三❤日本精神科病院協会(日精協)の山崎学会長

★安倍晋三の団体のスポンサーに日本精神病院協会【ネット TV ニュース.報道】朝堂院大覚 精神病 2017/07/18
https://www.youtube.com/watch?v=2U-rndzVI-Q

★ニホンの人口は世界のたった2%なのに、世界の精神病床数の約20%、実質世界一の病床数がある。安倍晋三後援会「晋精会」の、 日本精神科病院協会(日精協)の、 山崎学会長と仲良しこよしなのは、 我々「ニホンジン」を一人でも多く精神疾患にし、精神科の固定資産にしたいから。
http://shinga-no-memochou.tk/?p=1137

安倍晋三❤日本精神科病院協会(日精協)の山崎学会長

(3)日本の入院患者の5人に1人は精神科

日本の病院の病床数は約158万床で、そのうち約34万床が精神科です。
↑グラフ 日本の入院患者の5人に1人は精神科
http://www.siruzou.jp/seikatu/12074/

 精神病で入院すると、なかなか退院することができません。これが日本の精神病床数が多くなる大きな要因です。精神障害は、普通の病気の8倍も長く入院しなければならない。すべての傷病の入院日数の平均値が32.8日なのに対して、精神障害は296.1日と8倍以上です。

http://www.siruzou.jp/seikatu/12074/

(4)味の素という神経毒

 「宇宙への旅立ち」が強調していた通り、味の素は神経毒です。味の素に入っているグルタミン酸ナトリウムは、興奮性のある神経伝達物質です。加工食品の裏面を見ると調味料(アミノ酸)と書かれているのをよく目にします。これがグルタミン酸ナトリウムです。

 興奮性のある神経伝達物質の過剰な刺激により、神経細胞が破壊されます。その影響により、アルツハイマー、パーキンソン病、知能障害、精神病、てんかん、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、うつ病、めまい、ロレツがまわらない、注意欠陥、多動性障害、不眠症などが起きます。

 日本は食品添加物大国であり化学物質大国です。それが精神病院数世界NO1国家日本を生み出したと私は考えます。なお癌は化学物質を使用している国だけに発生している。


(5)呪詛と精神病

 日本は呪詛大国です。それが精神病の多さに結びついている可能性があります。つまり呪詛攻撃を受けた人が精神を病むのです。精神を蝕まれた人々の中には自殺する人も出てきます。日本は自殺大国、向精神薬大国といわれています。

 
「640.やはり第2次安倍晋三政権でも、口封じの暗殺が多発しているのか?」の「(1)田中造園土木の秋山肇さんの不審死!」などで取り上げた通り、元司法監察医の上野正彦氏は「自殺の9割は他殺」と衝撃的な発言をしている。640はこちら

 という事は日本は自殺大国と言うより殺人大国という事になる。不審死大国と言っても良いだろう。拙ブログでは既に数多くの不審死を取り上げてきた。

5abf1bcf38aea3e27931f41150a7cbb3.jpg
↑画像 「自殺の9割以上は他殺なんです」上野正彦said

(6)日本だけ精神病院が増えている異常

CkjdWonUUAAmdVk.jpg
↑画像 日本だけ精神病院が増えている異常 「677.日本もムン・ジェイン(文在寅)氏の様な貧困を経験した苦労人が国家指導者になるべきではないか?」の(25)より転載。677はこちら

(7)精神科の診断はあてにならない<ある読者のコメント 一部伏せ字>

 おはようございます。東海地震が阻止されたという記事を拝読させていただきましてホッと致しました。

 私は日々の仕事の傍ら、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、たまに海の近くの公園に行きます。遠州灘沿いのバイパスを車で走行中、海が見えなくなるほどの高い壁が立ちはだかる場所が増えてきています。

 以前はその公園からダイレクトに海に向かえる通路もありましたが、今ではその通路も封鎖されました。

 今年の夏には、どうにかまだ通り抜けられそうな余地はあったのですが、不自然に警察官の方が巡回をしていたので断念を致しました。

 mixiのニュースも然りですが、そう言った事象を目の当たりにして「東海地震が近いのか?」と漠然と感じることもありました。

 4年ほど前に、その公園の近くのバイパスを走行中に自衛隊の航空祭でも無いのに、空に白い飛行機が数字の「6」に非常にそっくりな形の雲を描き去っていくのを見たことがあります。

 その後日、遠州灘沖で起こされる予定だった震災が阻止されたと聞かされ驚きました。

 さて、・・・・・・は精神疾患を患っています。今回の福田さんのブログを拝読をさせて頂きまして頷く部分がありました。

 本人の希望で投薬治療をしていましたが、良くなるどころか悪くなる一方です。鬱病という症状は良くなったはずなのに、別の症状が出てしまうのです。どうにか本人と薬の恐ろしさを学び、自然療法に切り替えました。

 マッサージ、霊氣(外気功)、散歩、運動、地場産の新鮮な野菜を中心とした菜食中心の食事等など。こうしたことで半月ほどで見違えるほど変わってくるものです。

 ・・・・・・・・・・・・・・、若い頃に精神疾患で通院をしておりました。はっきりした原因がわかっており、それを取り除けば安定はするはずだったのですが周囲の方に精神科に連れて行かれ投薬治療を受けていました。

 薬を飲んでも精神状態は安定せず、その症状から薬や病名が幾度も変わり最後には「原因不明の病気」と匙を投げられました。・・・・・・・入院こそしたことはありませんが、精神科の診断はあてにならないと思っておる次第です。

>外気功

 私はレイキではありませんが、外気功ができます。高校生の肩こりですと、肩にまったく手を触れずに約3分で改善できます。

↓動画 欅坂46 菅井友香
菅井友香 浴衣
スポンサーサイト

Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/23 (Thu) 07:15 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

●●さん、コメント、ありがとうございます。無駄に精神科に通う多くの方々に対して、とてもプラスになる内容がたくさん含まれていますので、この記事の本文に一部伏せ字にした上で転載させて頂きました。この転載部分を無駄に精神科に通う多くの方々がお読みになり、より良い人生を歩んで下さる事を期待しています。

2017/11/23 (Thu) 23:31 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/12 (Mon) 11:32 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

精神病を患う者と暮らしていると精神病について色々と考えさせられ、学ぶ事が多いです。

昨年末、投薬治療により更に悪化した同居の者について私はお医者さんの、「精神病院患者を持つ家族の相談室」に行ってきました。

そこで疾患として診断をされてる前と投薬治療後の症状を同居の者に代わり、正確に申告を致しました。
(以前、一緒に診察室に入って医師に本当の事を伝えようとしましたが本人がそれを遮り、医師が鬱病だから本人の意志を尊重しますと言って聞いてくれなかったのです。)

相談室の方は私の申告を医師に伝えてくださり、病名は境界性人格障害に変わりました。
薬の副作用で症状が悪化したこともきちんと説明をして頂き、薬は睡眠薬一種類までに減りました。
ネットでこの障害を検索すると様々な記事や体験談が出てきます。
症状が出ると
暴力行為、万引き、器物損壊、衝動的な性行為、破壊的な人間関係、引きこもり、浪費、あらゆる依存症…
などが書かれていました。

それについて相談室の方が二時間もかけて細かく説明をしてくださいました。
この障害を含めて、人格的な障害(回避性障害、自己愛性障害、反社会性障害他いくつかある人格障害)は、生まれつきの脳の障害がほんの一部で、あとは育った環境にあるとのことでした。
特に、母親との関係が重要視されるそうです。
あとは幼稚園から学生時代にかけてのいじめや機能不全の家庭などと言うのも原因になるそうです。
それらに苛まれた事に対する心の問題が未消化ゆえ、乳幼児期で人格(=認知)の成長が止まってしまい起きる障害でもあります。

同居の者の生い立ちを本人や本人の親族に訊ねて、まとめたものをお伝えしたところ、母親による育児放棄に等しい行為と父亡き後の機能不全ぶりが原因では無いかと指摘を受けました。

ただ一緒に暮らして世話をしたり、子どもにより良い生活を送らせたいと働いてお金を得て金品を与えるだけでは片手落ちだそうです。
一日数分でもいいから子どもにスキンシップや言葉をかけてたり、困り事は否定せずに聞いてあげて一緒に考えてあげるだけでも障害を防げるそうです。
保育園や祖父母には与え切れない安心感を幼子は嗅ぎ分けているとのこと。

相談室の方が自論話して下さいました。
ある方面からこの障害を見ると、
100年も前からこの障害はあるものの、昔は脳の障害でなっていると言われていた。
仮説だけど、昔は農作業や家内労働が主で、子沢山でも間引きをしない限り親の目の届く範囲で子どもに構って来れたから、障害にもなり難かったかもしれない。
しかし、昨今は景気の低迷から母親が働かなくてはならない為に、子どもを保育園や祖父母に預けるお家が増えている。
母親が子どもに構える時間が減っている。
今後、この障害は増えるかもしれない。
故に、最初は鬱病と診断をされても後に人格障害や発達障害などと診断名が変わることもある。
早い子は小学校高学年くらいに発症していて、早期発見で親がきちんと向き合うことで回復したり、再発症を防げている。
だから多くは今の社会における家族のあり方で発症している可能性や親の代からの連鎖の可能性が高いように感じる。
と。

添加物
農薬
ケムトレイル
遺伝子組み換え食品
薬品
などなど
に、よって病気は作られているようですが日本の政府が仕向ける社会の構築で、精神障害にかかる事も
あるようです。

安倍首相が、一億総活躍だの女性の社会進出を謳っていますが、これも貧困層を意図的に作り出してからのトリックのように感じました。
女性の社会進出と言えば聞こえは良いのですが、これだけでは子どもは育たないと思いました。
身体は大きくなっても認知の成長が止まる障害にかかれば、大きなお子様だらけになります。
(安倍首相に近いものを感じます。(苦笑))

ネットには治らない障害などと書かれていますが…。
発症後に早期発見で親がきちんと向き合う。
本人が自分を障害と認め自分と向き合ってゆく。
女性の場合は30半ばくらいまでにホルモンバランスが変わり治ることが有る。
きちんとした生活サイクルで暮らす。
食品に気を配る。
一日30分くらいの有酸素運動をする。
朝の日光を浴びる、夕日を浴びる。
などで回復をして行くと言う記事もあります。

現に同居の者も、運動・食生活の見直し・生活習慣・親との会話を増やす・人間関係の見直し及び整理・マッサージやレイキを取り入れた生活にすることで回復をして参りました。
会社に提出する診断書の為に通院をする程度で、通院の日を忘れる事が増えました。
社会復帰の日も近くなっています。

長くなってしまい申し訳ありませんでした。

***************************

●●さん、コメント、ありがとうございます。


>安倍首相が、一億総活躍だの女性の社会進出を謳っていますが、これも貧困層を意図的に作り出してからのトリックのように感じました。

同感です

>会社に提出する診断書の為に通院をする程度で、通院の日を忘れる事が増えました。社会復帰の日も近くなっています。

御同慶の至りです

>長くなってしまい申し訳ありませんでした。

長くて結構です

2018/02/13 (Tue) 00:38 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts